妊娠中に薬を飲んでも大丈夫?妊娠禁忌薬に注意しよう!

妊娠中に気をつけるべき薬

妊娠中は様々な変化が体に現れ、薬を服用したいけれど赤ちゃんへの影響が心配という方も多いと思います。

しかし、妊娠していても薬の種類と妊娠時期に気をつけていれば、赤ちゃんに悪影響を与えず、薬を服用することができます。
赤ちゃんに影響を与えないためにも、妊娠中の薬服用による悪影響と安全に薬を服用する方法を把握しておきましょう。

妊娠時期による薬の影響

妊娠1ヶ月目(0〜3週目)

この時期はまだ妊娠に気づかない人も多く、薬を服用する方も多いです。
しかし、薬の影響はほとんど受けないので、安心しましょう。

妊娠2〜4ヶ月目(4〜15週目)

赤ちゃんの脳や器官など体の形成が始まる時期で、絶対過敏期と呼ばれ、赤ちゃんに影響を受ける期間です。

この時期に薬を服用すると、無脳症や二分脊椎などの奇形のリスクが非常に高まります。
8〜15週目あたりでは、催奇形性の可能性は減少しますが、手足が短い、目鼻が小さい、低体重が起こる可能性が考えられますが、市販の薬を用法用量通り服用であれば、ほぼ影響はありません。
ただし、特殊な医療薬の服用の場合は奇形へのリスクが高くなるので、医師との相談のもと服用するようにしましょう。

妊娠5〜7ヶ月目(16〜27週目)

体のおおまかな形、そして臓器は完成してきます。
ほぼ催奇形性の可能性は低く、安全な時期です。

しかし、過剰な薬の服用や体内に長くのこる残留性の高い薬もあるので、自己判断ではなく医師と相談しながら薬を服用するようにしましょう。

妊娠8〜10ヶ月目(28〜39週目)

妊娠後期となるこの時期は、奇形となるリスクはほぼなくなりますが、薬の作用が胎盤から直接作用しやすい時期になります。

そのため、痛みを和らげるために鎮痛薬を服用すると、血管を収縮する働きが赤ちゃんにも伝わってしまい、苦しく感じてしまうこともあります。

服用に注意するべき薬

服用することで、赤ちゃんに影響を与える可能性がある薬を「妊娠禁忌薬」と呼ばれる薬があります。

そのどれもが、市販薬でもみかけるものなので、しっかりと把握して、自己判断での服用をなるべく控えるようにしましょう。

妊娠禁忌薬の胎児への影響
妊娠禁忌薬 胎児への影響
NSAIDs(非ステロイド性消炎鎮痛剤) 市販薬でもよく見るグループの薬で、服用すると血管収縮作用によって新生児肺高血圧症の原因ともなります。
マジンドール 食欲を抑制する薬として使われます。動物実験によって、胎児にも毒性があることが判明しました。
ビタミンA ビタミンAの過剰摂取によって、水頭症や口蓋裂などの催奇形性リスクがあります。ビタミンAを含む食材やサプリメントの過剰摂取は避けるようにしましょう。
ワルファリン 血栓予防に処方される薬です。催奇形性が高く一般的には妊婦に投与してはいけません。
ACE妨害薬 妊娠中期、末期に投与すると羊水過少症、胎児・新生児の死亡。妊娠初期では胎児奇形のリスクが上昇します。
センノシド 便通を改善するために用いられる薬です。効き目が非常に強く子宮を収縮させ、流早産の危険性があります。

ほんの一部ですが、以上の表が妊娠禁忌薬の一例です。
治療中やむを得なく使用する薬がある場合、自己判断ではなく医師との相談のもと、服用するようにしましょう。

服用しても大丈夫だと言われている薬

基本、日常的に使用される薬は安全な薬です。

薬局で手に入るものや処方される薬には、催奇形性のリスクはなく、胎児に影響を与えることは基本的にありませんが、持病に用いる薬には慎重にならなければなりません。

抗がん剤や高血圧の薬には、リスクが高まるものもあります。
そのため、持病を持っているものの妊娠へのリスクが考えられる場合、医師と話して処方してもらうようにしましょう。

まとめ

妊娠中の薬の服用に不安を感じる方はたくさんいると思います。しかし、妊娠期間と薬に気をつけていれば、安心して薬を服用することができます。

また、薬局や病院で処方されるような一般的な薬は、基本胎児に影響を与えることはありませんが、持病を持っていて専門の薬の服用は、慎重にならなければなりません。
なかには、催奇形性を高める薬があるので、医師との相談のもと服用するようにしましょう。

ただ一般的な薬にしろ専門の薬にしろ、妊娠中は自己判断のもとでの服用は避けた方が良いです。
赤ちゃんに影響を与えるような薬はそう多くないものの、催奇形性や早流産の報告もあります。
そのため、医師と相談した上での服用をするようにしておきましょう。