葉酸はいつからいつまで必要?妊活中に摂取するタイミングとは?

妊活時に飲むべき葉酸サプリメント

葉酸は妊活中の女性にとって摂取すべき栄養素であるということは、妊活をしている人にとって常識となりつつあります。

しかし葉酸が元気な赤ちゃんを産むために必要な栄養素だということはわかっていても、妊娠をしてから飲むべきなのか?出産が終わったら飲むのをやめてもいいのか?などいつからいつまで飲むべきなのかについては、わからない人が多いでしょう。

そこで葉酸を飲み始めるタイミングや止めるタイミングについて調査したので参考にしてください。

葉酸は妊娠前から摂取しよう

葉酸は、妊娠1ヶ月以上前から食事以外に400μg/日の摂取が2000年に厚生労働省の通知により推奨されています。
なぜなら葉酸は妊娠前に摂取することによって、子宮内膜を厚くして着床率を上げる働きがあるためです。
葉酸を摂らないと、元気な赤ちゃんが産めないというわけではありませんが、妊娠にとって最も重要な栄養素となるので、積極的に摂取することをおすすめします。

葉酸は卒乳時まで続けよう

妊娠中や産後はもちろん卒乳するまで、積極的に摂り続けましょう。
卒乳の段階に至れば、赤ちゃんでも日常生活の食事で葉酸を十分に補うことができます。
そのため、妊娠前から卒乳時まで継続的に葉酸を摂取するようにしましょう。

妊活の段階と葉酸の関係

妊娠初期

葉酸は細胞を増殖させる過程で必要な物質です。
妊娠初期は、細胞分裂が活発に行われるのである程度の葉酸を摂取できていないと、胎児に神経管閉鎖症の危険性が高くなる可能性があります。
妊娠初期はいつ妊娠したのかがわからないまま2ヶ月が経っていたなんてことも起こりうるので、妊活を始めたらすぐに葉酸生活をスタートさせておくことでリスクを回避しましょう。

妊娠中期・後期

妊娠中は、血液を通して胎児へ栄養を送るため、妊婦は鉄分が不足がちになってしまい、貧血を起こしやすくなってきますが、造血作用のある葉酸を鉄分と一緒に摂取すると、貧血を改善する効果が期待できます。

また、妊娠中期になると、胎児だけではなく母体に対しても重要な栄養素になるので、積極的に摂るようにしましょう。
過度に葉酸が不足すると、妊娠高血圧症候群や子宮内胎児発育遅延を発生させる場合もあるので要注意です。

妊活中に葉酸を効率よく摂取しよう

妊活時に摂取すべき葉酸を含んでいる食べ物

カテゴリ 食品 含有葉酸量
野菜類
ほうれん草 110μg/100g
ブロッコリー 50μg/40g
えだまめ 135μg/100g
アスパラガス 100μg/60g
とうもろこし 130μg/220g
オクラ 110μg/100g
小松菜 86μg/100g
キャベツ 78μg/100g
レタス 73μg/100g
たけのこ 63μg/100g
果物
イチゴ 14μg/15g
マンゴー 160μg/300g
さくらんぼ 20μg/50g
キウイフルーツ 38μg/1個
バナナ 26μg/150g
その他
豆乳 60μg/200g
めざし 17μg/50g
コッペパン 45μg/100g
ポテトチップス 40μg/60g
25μg/1個

表の食べ物は、葉酸を多く含んでいるものなので、参考に食生活を改めてみましょう。

葉酸を効率よく摂取する方法

葉酸には、水と熱に弱いという性質があるため、葉酸を多く含む食べ物の食べ方と調理方法にはポイントがあります。

洗い時間をできるだけ短くする

葉酸は水に弱いため、野菜類は洗うときは水で洗う時間を短くして、なるべく加熱しない生サラダとして食べましょう。
せっかく意識的に葉酸を含んだ食べ物を摂取しようとしても、水に晒しすぎると無意味になってしまうので気をつけてくださいね。

葉酸を効率よく摂取する際の注意点

葉酸を摂取する上で気をつけておきたいのが、葉酸の過剰摂取です。

健康な赤ちゃんを産むために、葉酸を摂取しすぎてしまい1日あたり1000μg以上摂取すると、葉酸過敏症を引き起こす可能性があります。
葉酸過敏症を起こしてしまうと、発疹や喘息、睡眠障害といった症状が現れ、赤ちゃんも喘息になる可能性があるので気をつけましょう。

まとめ

葉酸は、妊娠1ヶ月以上前から食事以外に400μg/日の摂取が2000年に厚生労働省の通知により推奨されています。
健康な赤ちゃんのために葉酸は、妊娠前から卒乳するまで継続して摂取するようにしましょう。

葉酸は妊活において、非常に重要な栄養素です。
過剰摂取は逆効果ですが、葉酸を積極的にとることによって、妊娠しやすい体づくり、そして健康な赤ちゃんを産むことができるので、バランスの良い食事を目指して、葉酸を摂るようにしましょうね。