可愛く生まれ変わる BONiTA

可愛く生まれ変わるための女性の特効薬
BONiTA(ボニータ)

  • instagramアイコン
  • twitterアイコン
  • facebookアイコン
  • google+アイコン

2016.05.11|恋愛

陥没乳頭で悩んだ女性が実体験から悩みの解決へと導きます。

遠山 静香

乳頭陥没している女性

陥没乳頭とは、本来乳房から出ているはずの乳頭が、発達した乳房に成長が追い付かなかった乳管によって引っ張られ乳房表面に埋もれてしまう症状です。

この記事を見ている人にも、陥没乳頭の方が多くいらっしゃるのではないでしょうか?

筆者の私自身も陥没乳頭であり(しかも片側だけ陥没乳頭!)以前からそのことに悩んできました。

今回は、そんな私が悩んでいるからこそできるアドバイスをお伝えします。
この記事を読んで悩みを解決してくださいね♪

陥没乳頭は日本人に多い

自身が陥没乳頭であることに悩みを抱える日本人女性は多いようです。

それもそのはず、現代の女性の5人に一人は陥没乳首だと言われています。
意外と多くありませんか?昔は10人に一人が陥没乳首と言われていましたが、日本人の食生活の欧米化などもあって以前より乳房の大きい女性が増えたことに伴い、陥没乳頭の女性が増えたと言われています。

陥没乳頭のわたしのマル秘エピソード

まず見た目が恥かしい陥没乳頭特に若い女性にとって悩ましいのが陥没乳頭の見た目なのではないでしょうか。

私は右側の乳首が陥没しており、思春期に乳房が発達し始め、左側の乳首は普通なのにいつまでたっても出てこない右側の乳首に高校生の頃から何とも言えない恥ずかしさを抱えていました。
陥没乳首に悩人の多くはむ人前で乳房を露出することに抵抗があるのではないかと思います。

女友達と温泉旅行をするときは温泉に入るときに普通の乳首を持つ女友達に劣等感を抱き、彼氏とセックスをするときは乳首の出ていない乳房を触られることになんとなく申し訳なさを抱くのではないでしょうか?
私の場合、片側のみ陥没乳頭なので、彼氏はセックスのとき乳首の出ている左側ばかり愛撫してきます…。
なんだか申し訳ない気持ちでいっぱいです。

陥没乳頭トラブル

授乳が困難

授乳が困難になる陥没乳頭妊娠中の方や、小さなお子さんを持つ方が陥没乳頭である場合、母乳を与えたくても授乳が困難という場合がよくあるようです。

陥没乳頭であることによって、力の弱い赤ちゃんはおっぱいを飲みたくても乳首に吸い付くことができません。
自分の生んだ赤ちゃんに母乳を飲ませたい気持ちは多くのお母さんが持っているのではないかと思うので、授乳における陥没乳頭の悩ましさは計り知れないものです。
しかし、今日では陥没乳頭を吸引して外に出す器具など、たくさんの陥没乳頭向けの授乳補助器具が販売されています。

陥没乳頭改善グッズ

今回はわたしおすすめのグッズを紹介したいと思います。

プチフィット

価格

  • ¥2,194

使用時には、ローションを使用することをおすすめします♪かといって買いに行かなくても初回は同梱されているので安心してください。
少なくとも最初の1ヶ月は可能な限り1日中装着したままにして過ごすことをおすすめします。

1ヶ月使用後は1日2回、2ヶ月後は、1日4回とプチフィットをはずす頻度を増やしてください。そして乳首を立たせるようにマッサージをして下さい。わたしは3ヶ月間しっかりと使用したら効果が見られました。

ちなみにプチフィットはおっぱいが痛くならないソフト素材を使用しています。

また、陥没乳頭による授乳の悩みは産婦人科の先生や看護婦さんなどのプロフェッショナルが詳しく、相談すれば乳頭を出すためのマッサージの仕方など教えてくれるので、一度相談してみてはいかがでしょうか?

陥没乳頭によって病気になる!?

陥没乳首によってもたらされる病気陥没乳首であることによって乳首の溝に垢などがたまりやすくなり、雑菌がたまり病気をもたらす場合があります。

まず代表的なのが、「乳線炎」があります。

乳頭に繁殖した雑菌によって炎症が起こってしまう病気です。

この病気は陥没乳首ではない女性も発症するようですが、陥没乳首であることによって発症しやすくなるようです。
その他にも陥没乳首に伴って起こる様々な病気があるので、陥没乳首の女性が乳房に異常を感じた場合はすぐに病院に行きましょう。

いかがでしたか?

陥没乳首は女性の5人に一人とかなり多くの女性が悩んでいる症状であるため、症状の改善のしかたや治療、手術の方法など様々な改善方法が既に存在しています。
なので、きっとあなたと同じような悩みを抱え、それを改善してきた先人がいるはずです。
陥没乳首の悩みを自分の中に抱え込むのではなく、自分に合う改善方法を模索してみてはいかがですか?

注目の記事
同じカテゴリーの記事