可愛く生まれ変わる BONiTA

可愛く生まれ変わるための女性の特効薬
BONiTA(ボニータ)

  • instagramアイコン
  • twitterアイコン
  • facebookアイコン
  • google+アイコン

2017.03.29|健康

生理中にお酒って…あり?なし?

田村 香織

生理中に飲んでも良いお酒
  • 生理がきた…
  • 憂鬱だ・・・

体がだるいし気分も乗らないし仕事もうまく行かないから、今晩飲みにいくぞ〜〜!!!
なーんて女性は結構多いのではないでしょうか。
確かに寝込むほどひどい生理じゃないときは、お酒でも飲んで少しでも楽しい気分で過ごしたいものですよね。
でも、生理の時にお酒ってどうなんでしょうか・・・?
飲んで良いのか?悪いのか?
私も生理中にお酒をよく飲みますが、私の場合は生理中の方が普段より酔いにくいのでいっぱい飲めて楽しいなーなんて思ってましたけど、生理とお酒の関係なんて全く考えたことありませんでしたー!!
この機会に生理中のお酒についてしっかり学んでいきましょー!

生理中のお酒が及ぼす体へのデメリット

実は、生理中にお酒を飲むことで良いことと悪いことの二つの作用があるということが判明しました!
最初にデメリットから発表していきたいと思います!

お酒に酔いやすくなる

あれ?私の体と逆だ!!!
どうやら、生理中にお酒を飲むと酔いやすくなるようです。
そもそもだるくて体の機能がゆっくり動いている状態なので、アルコールを分解する肝臓だってスローリーに働くとのこと。
そんな状態なので悪酔いや二日酔いを起こしやすいのだそうです。

体が冷えやすくなる

普段ジュースやお茶でさえそんなに飲まないのに、お酒の席となるとジョッキで何杯もアルコールを入れることができるのはどうしてなんでしょう・・・。
そしてその結果が体を冷やすことにつながります!
体の冷えは生理痛のもと!!!
ほどよきところで温かいお茶を挟んだりして体を冷やさないように気をつけましょう。

軽い貧血状態になりやすくなる

アルコールを分解する際には多くの水分を消費しています。
血液がおしっこに変わるので血が少なくなるんですね。
ところが生理中は出血でそもそも体内の水分が少ないという状況なのに、そこにさらに水分がなくなるので貧血状態に陥ってしまというわけなんです。

生理中のお酒が及ぼす体へのメリット

はい。では次に、お待ちかねの「生理中にお酒を飲むと起こるメリット」大発表です!

生理が早く終わるかも知れない

お酒を飲むと、体の温度が上がって血管がドクドクして、血のめぐりがよくなりますよね。
経血は血管から出ているわけではないのですが、全身の血行がよくなるため、生理の血も多く排出されやすくなるということです。
一回の生理約1週間で出る経血の量は決まっているので、一度に多く出すことができればそのぶん生理が早く終わらせることができるかもしれないというわけなんです。

生理痛が和らぐ

生理痛は主に子宮の収縮で起こります。
お酒を飲んで全身の血管が広がることにより、子宮周りも柔らかくなって生理痛が和らぐと言われています。

ストレス解消になる

何かとストレスがたまる生理中。
イライラしたり突然悲しい気持ちになったり感情の移り変わりが目まぐるしく、本当に疲れますよね・・・。
適量のお酒にはリラックス作用があるので、とりあえず今日あった嫌なことは忘れて楽しい時間を過ごすことができます。

生理中にお酒を飲むときの注意点

さて!
イイこと悪いことを知った上で「さあお酒を飲もう!」となったとして、とはいえ生理中の身。
何か気をつけた方がイイことがある気がしますよね・・・。

タンパク質を一緒に摂る

お酒に酔いやすい生理中。
アルコールの分泌を促す働きをしてくれるタンパク質を含む食べ物を飲む前や飲みながら食べるようにしましょう。
タンパク質は、肉類・魚類・卵・大豆製品などに豊富に含まれています。居酒屋メニューでは、焼き鳥、冷奴、だし巻き卵、枝豆などを頼むとグッドですよ!
美味しいお料理に、アルコールの吸収をゆっくりにしてもらいましょう。

お酒と同量の水分を飲む

アルコールの血中濃度が一気に高くなるとすぐ酔ってしまうので危険です。
チェイサーのお冷ややソフトドリンクを常備し、焼酎ロックや日本酒よりもソーダ割りや水割りを飲むようにすると、アルコールの量は低めにたくさんのむことができますよ。

温かいお酒も飲む

氷がぎっしり入った冷たいお酒をずっと飲み続けると体が冷えて生理痛を引き起こす可能性があります。
時々焼酎のお湯割やホットワインなどの温かいお酒をオーダーして体を温めましょう。
熱燗は、飲みすぎる可能性があるのでNGで!

まとめ

いかがでしたか?
生理中だからと言ってお酒を控えるもよし、飲んでしまうのもよし。でしたね。
飲むのが好きな人は無理に制限しなくても大丈夫だということがわかったので良かったです。
ストレスを溜めるくらいなら、適量のお酒とともに生理を乗り切りましょう!

生理を乗り切るアイテムはこちら

※この記事を執筆するに当たって以下のサイトを参照させていただきました。
ルナルナ
ミナカラ
注目の記事
同じカテゴリーの記事