可愛く生まれ変わる BONiTA

可愛く生まれ変わるための女性の特効薬
BONiTA(ボニータ)

  • instagramアイコン
  • twitterアイコン
  • facebookアイコン
  • google+アイコン

2016.05.25|健康

もしかして彼に気づかれてる?気になる生理の臭いの改善方法!

遠山 静香

生理時の匂いに悩む少女

生理は女性にとって大切なもので、生理のリズムや経血量などによって、身体のコンデションを知る手掛かりとなります。

ところが、生理にまつわる悩みの中に、臭いに関する悩みをお持ちの方が多くいらっしゃるようです。
生理特有の臭いを、身近な方や恋人などに気づかれてしまったら嫌ですよね。
生理のたびに気になる臭いは、どうやって改善したら良いのでしょうか。

ここでは、生理中の臭いの改善方法について、ご紹介します。

生理中の臭いの原因

女性の身体は、基本的に28日周期で妊娠をするためのリズムを刻み、一定の期間に妊娠することがなければ、生理がくるようになっています。
生理中に体内から排出される経血は、すべて血液というわけではなく、子宮粘膜などが混ざっており、経血そのものは無臭なのです。
排出された経血は、時間の経過によって、雑菌が成分を分解します。
それが臭いの原因となっているのです。臭いの原因が雑菌だからと言って、膣を過剰に洗浄するのは逆効果となってしまうので注意が必要です。

膣には自浄作用といって、雑菌が繁殖しないための分泌液を出しています。
膣そのものが健康な状態であると、やや酸が強いような独特な臭いがします。
膣を必要以上に洗浄すると、大切な分泌液が洗い流されて、膣の自浄作用が働きにくくなり、かえって雑菌が繁殖しやすくなってしまいます。

また、何らかの理由で免疫力が低下している時も、膣の自浄作用の働きが低下します。
このような状態で生理になると、生理の臭いがさらに強くなることがあります。

生理中の臭いの改善方法

雑菌が臭いの原因となっていますが、雑菌の繁殖を抑える働きは、自分自身に備わっています。

できるだけ規則正しい生活を心掛けながら、十分な栄養をとるようにして、体調を整えるようにしましょう。

膣の自浄作用の働きを高めると同時に、雑菌の繁殖を防ぐ対策をとると効果的です。

たとえば、生理中はナプキンやタンポンなどを使用しますが、ナプキンであれば、できるだけ通気性が良いものを選ぶようにして、こまめに取り替えるようにします。
タンポンは、ある程度の量の経血を吸収するような構造となっていますが、あまり長時間使用するよりも、適度に取り替えるようにした方が良いでしょう。

また、デリケートゾーンのムダ毛をきちんと処理することで、清潔に過ごせる場合があります。
デリケートゾーンのムダ毛の自己処理は、自分自身ですると肌トラブルの原因となることもあるので、脱毛サロンなどでお手入れをすると良いでしょう。

布ナプキンで臭いとさよなら

生理用ナプキンの中には、抗菌効果を期待することができるものもあるようです。
ナプキンに抗菌のための成分が使用されていることに対して、不安に思う方もいらっしゃるかもしれません。
そんな時、自然由来の成分による抗菌効果なら、安心ですよね。

最近では、布ナプキンの良さが大きく注目されています。

中でも、竹布を使用しているナプキンは、竹が持つ自然の抗菌性を期待することができると同時に、吸収性も優れています。お肌にも優しいので、安心して生理中を過ごしたい方にもおすすめです。

まとめ

生理は、一定のリズムで訪れる大切なものです。生理中を快適に過ごすためには、使い心地が良く、身体に優しいナプキンを使用するというのもひとつの方法です。本来備わっている自浄作用の働きを高めるためにも、身体をいたわる気持ちが大切なのかもしれませんね。


注目の記事
同じカテゴリーの記事