授乳期にナイトブラで垂れ乳対策している女性

ナイトブラは授乳期には無縁、と思っていませんか?
実は授乳期のときだからこそ付けていないと危険なんです!
そこで今回は授乳期につけるべきナイトブラについてお話したいと思います!

ナイトブラは授乳期に付けないとダメな理由

授乳期はナイトブラを付けてしまうと、かえってバストに良くないと思っていませんか?
ナイトブラはむしろ授乳期の人こそ付けるべきものなんです!

付けないとバストの下垂が起きてしまう!

授乳期にナイトブラを付ける理由は妊娠中のバストの変化が挙げられます。

妊娠中は母乳を作る準備のために乳腺を発達させ、脂肪を増やし続けながらバストを大きくしていき、出産を終えるとバストから母乳が出るようになり、授乳期へと入ります。

しかし授乳期から卒乳の時期となると、母乳を作る必要がないとなった乳腺が衰退し始めます。
乳腺が衰退してしまうと、乳腺を守っていた周りの脂肪もしぼんでしまい、バストを支えられなくなり、下垂が起きてしまいます。

以上のような変化が起きている間、ナイトブラを付けていないとバストは下垂してしまい、最悪バストサイズダウンまで起きてしまいます。
なのでバストの下垂やサイズダウンを防ぐためにも授乳期にナイトブラを着用することはとても大切なことなのです。

垂れ乳を防ぐナイトブラとは?

では、次に授乳期におすすめのナイトブラについてお話したいと思います!

授乳期におすすめのナイトブラ3選

授乳期におすすめのナイトブラは三商品あります。

viageビューティーアップナイトブラ

ナイトブラのViage
ナイトブラのViage 出典:https://c.ho-br.com/

一つ目はviageビューティーアップナイトブラです。
ノンワイヤーで伸縮性が非常に高い作りとなっているので、授乳の時にすぐバストが出しやすいのでストレスなく着用できます。
そして、アンダーバスト部分のゴム編み構造が重くなったバストを支えてくれるので、バストの下垂をしっかりと防いでくれます。

Viageビューティーアップナイトブラのレビュー

おやすみブラ

二つ目はおやすみブラです。
おやすみブラはストラップ部分が幅広に作られており、バストをしっかり支えながらも、カップの裏やアンダー部分にパワーネットが内蔵されているのでバストの横流れをしっかりと防いでくれます。
また、片手でも授乳ができるようにクロスオープンタイプであることもメリットですね。

おやすみナイトBraのレビュー

ピジョンおやすみ授乳ブラ

三つ目はピジョンおやすみ授乳ブラです。
着脱しやすいデザインでありながらアンダー部分の調節が可能サイド&クロス&フロントと3通りのオープン機能なので、産後の変化しやすいバストサイズにもすぐ対応ができる作りとなっています。
また、伸縮性もよく、カップ内にあるパワーネットがあるのでしっかりバストの流れを防ぎます。

以上が授乳期におすすめのナイトブラです。

いずれも着心地はもちろんですが、授乳時にバストを出しやすいものです。
また、バストサイズが変化しやすいからこそ買い替えやすい価格帯なので、バストサイズが変わったと思ったときに買い替えることができますね。

では次に、授乳期にナイトブラを着ける注意点についてお話します!

授乳期にナイトブラを着ける注意点

授乳期にナイトブラを着ける注意点は主に二点あります。

体調に合わせて使用する

一点目は体調に合わせて使用することです。
授乳期は少しのことでもストレスになってしまったりと、体調が非常に敏感になっている状態です。
そのためナイトブラを付けることは確かに大切ですが、デリケートな状態であるからこそ身に付けるものに対しては慎重になる必要があります。
体調が悪い日はもちろん、バストの張りが強かったり、大きくなっているときなどに着用してしまうとかえって体に負担がかかってしまいます。
なのでその日の体調に合わせて、自分に合ったナイトブラをつけるようにしていきましょう。

サイズの変動をしっかり見極める

二点目はサイズの変動をしっかり見極めることです。
授乳期から卒乳を迎え始めるときはバストのサイズが変わりやすく、下垂が起きやすくなる時期です。
そのため、サイズが変わっても大きいときのままのナイトブラをつけてしまうと、クーパー靭帯に負荷をかけ続けることになってしまい、バストの下垂が進行してしまいます。
そのため、ナイトブラもその時どきにサイズを対応していく必要があります。
ナイトブラを着用したときに少しゆるくなったかな?と思うときがあったら一度ナイトブラのサイズを見直すと良いでしょう。

ナイトブラのサイズ選びで失敗しない方法とは?

以上が授乳期のナイトブラだからこそ注意するべきことです。
では次に授乳期にナイトブラをつけることで得られる効果についてお話します。

授乳期にナイトブラをつけることで得られる効果

授乳期にナイトブラつけることで得られる効果は主に2点あります。

大きくなったバストをナイトブラで形崩れを防ぐ

まず1点目は大きくなったバストをナイトブラで形崩れを防ぐことです。

妊娠期から授乳期、そして卒乳期を経ていくことでバストは大きくなり、クーパー靭帯が伸びやすくなります。
その状態で何もつけずに眠ってしまうと、下垂や形崩れが起きやすくなります。
そこでナイトブラをつけ、大きくなったバストの形崩れをしっかり防いでいきましょう。

授乳期のバストの負担を軽減できる

2点目は授乳期以降のバストの負担を軽減できることです。

妊娠から授乳期、卒乳期はホルモンバランスによってバストの環境が不安定になりやすいです。
さらに、以上の時期に何も対策をしないでいると、クーパー靭帯が伸びてしまい、形を整えるのが難しくなってしまいます。
なのでゆっくりできる時間につけられるナイトブラで対策をしていくようにしましょう。

以上が授乳期にナイトブラをつけることで得られる効果です。
授乳期ももちろんですが、妊娠中や卒乳期にもバスト対策をしていくようにしましょう。

まとめ

それでは今回のまとめです。
  • ナイトブラは授乳期にもつけるべきものである
  • 着用するべき理由は妊娠から授乳期、卒乳を経てバストサイズが変動していくことに対応するためである
  • 授乳期におすすめのナイトブラはおやすみブラviageビューティーアップナイトブラピジョンおやすみ授乳ブラの三点で、いずれも着用と授乳がしやすい作りとなっている
  • 授乳期にナイトブラを着用するときの注意点は体調に合わせて使用する サイズの変動をしっかり見極める
  • 授乳期にナイトブラつけることで得られる効果は大きくなったバストをナイトブラで形崩れを防ぐ授乳期のバストの負担を軽減できるの2点である

以上です。
授乳期のバストをしっかり守るためにもナイトブラは欠かせないアイテムです。
自身の体調に合わせて、ナイトブラをつけていきましょう。

ナイトブラ全20種類の比較ランキング