キャミソールを着用する女性

ナイトブラを買うのは手間がかかるし、パット入りキャミソールで済めばいいのにと考えたことはありませんか?

しかしパット入りキャミソールをナイトブラの代わりに使っても問題ないのか、気になりますよね。

そこで今回はパット入りキャミソールはナイトブラの代わりに使えるのか、構造にはどのような違いがあるのかをお話していきたいと思います!

キャミソールはナイトブラの代わりになる?

ではまず、パット入りキャミソールはナイトブラの代用になるものかについてですが、率直にお伝えすると、代わりにすることはできません!

カップ付きなのに無理なの?となった方も多いと思いますよね。
実はキャミソールとナイトブラでは構造が大きく異なっており、代用することはできないのです。

それでは二つの構造の違いを比較しながら見ていきましょう。

キャミソールとナイトブラの構造の違い

それではキャミソールとナイトブラの構造の違いについて説明します。

まずはキャミソールの構造から見ていきましょう。

キャミソールは日中用ブラの代用品

パット入りキャミソールはキャミソールやタンクトップのアンダーバスト部分につけられたゴムにカップが止められている、カップ付きインナーの一種です。

そしてパット入りキャミソールの多くは起きている体勢のバストの垂れや揺れを防止するために作られており、適度にホールドする機能と、インナーとしての便利さや快適さを併せ持った機能をもっています。
なので、パット入りキャミソールは日中用ブラの代わりに使用することを想定された作りとなっています。

では次にナイトブラの構造についてお話します。

ナイトブラは夜眠るときにつけるブラ

ナイトブラとは名前の通り、夜眠っているときに無防備になるバストを支えるために着用する夜用のブラです。

主な役割としては眠っているバストの下垂や横流れ、形崩れを防ぐ構造であることが挙げられ、バストメイクをするだけではなく、バストアップ効果もあります。
なので、パット入りキャミソールと違って、ナイトブラは夜つけるために作られたブラとして作られています。

ここまでパット入りキャミソールとナイトブラの構造を見ていきましたが、パット入りキャミソールはナイトブラの代わりに使うには難しいことが分かりますね。

なので夜眠るときはパット入りキャミソールではなくナイトブラをつけてバストを守っていくようにしましょう!

ナイトブラに代用はないのか徹底検証

では次にもしキャミソールをナイトブラの代用に使ってしまったらどうなるのかについてお話したいと思います。

キャミソールをナイトブラの代用にしていたらどうなる?

キャミソールをナイトブラの代用にしているとバストのトラブルが起きてしまいます。
主なトラブルは2点あります。

バストの形崩れが起きる

まず1点目はバストの形崩れが起きることです。

キャミソールはナイトブラのようにバストの横流れを防ぐ構造がありません。
そのため、キャミソールをつけて眠ってしまうとバストが横へと流れてしまい、形崩れを起こしてしまいます。

バストが下へ垂れてしまう

2点目はバストが下へ垂れてしまうことです。

キャミソールはナイトブラと同じノンワイヤーですが、着用時の快適さを優先して作られているのでホールド力は高く作られていません。
そのため、寝返りを打つたびに動いてしまうバストの動きをホールドすることができないので、クーパー靭帯が伸びて下垂が起きてしまいます。

以上がキャミソールをナイトブラの代用にしていたら起きることです。
いずれもなってしまうと、バストを元に戻すことができないので、そうならないためにも夜眠るときはナイトブラをつけるようにしていくようにしましょう!

ナイトブラと普通のブラとの違いとは?

まとめ

それでは今回のまとめです。

  • キャミソールは日中用ブラの代用品として作られており、バストを適度にホールドし、インナーとしての便利さや快適さを併せ持った構造である
  • ナイトブラは夜つけるための作られたブラで、眠っているバストの下垂や横流れ、形崩れを防ぐ構造として作られている
  • 構造から見てパット付きキャミソールはナイトブラの代用として使うことは難しい
  • キャミソールをナイトブラの代用にしているとバストの形崩れが起きるバストの形崩れが起きるの2点が起きてしまう

以上です。
パット付きキャミソールは昼用ブラとして使い、夜はナイトブラをつけるようにしましょう!

ナイトブラ全20種類の比較ランキング