スムージーを飲む女性

バストアップサプリを試してみたいけど副作用が心配だな、と思っていませんか?

副作用に関する噂を耳にしますが、実は副作用がなくなる方法や飲み方があるんです!
今回は、安全性が高く副作用なしでバストアップできる飲み方をお伝えしていきます。

バストアップサプリの副作用とは

まず、バストアップサプリの主な副作用は4点あります。

下痢・吐き気・腹痛などの消化器障害

1点目は下痢・吐き気・腹痛などの消化器障害です。

副作用として、つわりの様な吐き気や、月経前症候群(PMS)、のような症状や、下痢や便秘を引き起こす場合があります。
なぜなら、植物性エストロゲンを摂取することで、同じ女性ホルモンであるプロゲステロン(黄体ホルモン)とのバランスが崩れるからです。

頭痛などの体の痛み

2点目は頭痛などの体の痛みです。

片頭痛を始め、首筋の痛みや腹痛などの副作用が体全体に影響します。
理由は、女性ホルモンであるエストロゲンの量が増えることでバランスが崩れ、生理機能が正常に働かなくなるからです。
これは、生理周期と連動することが多いと言われています。

月経不順・不正出血

3点目は月経不順・不正出血です。

生理が止まる・生理回数が増える・出血量が多くなる・生理が終わらない・生理以外の不正出血などの症状が起こる可能性があります。
というのも、強力なエストロゲンの作用により、女性ホルモンのバランスが急激に崩れ、生理機能がコントロールできなくなるからです。
この月経不順や不正出血のような女性特有の症状はバストアップサプリの副作用に最も多いと言われています。

子宮・卵巣などの婦人科系の病気への影響

最後は子宮・卵巣などの婦人科系の病気への影響です。

子宮内膜症・子宮がん・卵巣のう腫・卵巣がん・乳がん・乳腺症などの発症や、すでに発症している場合は進行してしまう可能性があります。
なぜかというと、エストロゲンの過剰摂取により、プロゲステロンとのバランスが崩れ、子宮内膜が厚くなるなど、子宮や卵巣・乳腺に影響が出ます。
科学的な根拠が証明されているわけではありませんが、エストロゲンは乳腺や子宮に働きかけるため、過剰摂取した場合、なんらかの影響があると考える方が良いかもしれません。

以上がバストアップサプリの副作用です。
では次にバストアップサプリで副作用が出た要因をご紹介します。

バストアップサプリで副作用が出た要因

バストアップサプリで副作用が出た要因は4点あります。

婦人科系の病気や持病がある人

1点目は婦人科系の病気や持病がある人です。

バストアップサプリを摂取し、女性ホルモンに影響を与えることにより、子宮への悪影響や副作用を及ぼす危険性があります。
したがってもともと子宮にトラブルがある人や持病がある人は最初に病院で診察を受けてから医師の承諾を得た上で服用しましょう。

服用薬との併用で悪化した人

2点目は服用薬との併用で悪化した人です。

服用している薬とバストアップサプリを併用すると、成分の相乗効果が起こり、バストアップアプリや服用薬の効果が高まってしまいます。
効果が高まるということは同時に副作用のリスクも高まることにつながるので、薬との併用は避けましょう。

過剰摂取してしまった人

3点目は過剰摂取してしまった人です。

バストアップサプリは特に、自分にあっていない量を摂取すると体に影響を与えます。
バストアップサプリには適正量がありますが、実際はその人自身の体によって適正量が変わります。
バストアップサプリを飲むことによってホルモンのバランスが通常の状態に戻るという方もいれば、バランスが崩れるという方もいらっしゃいます。
逆に言えば、すでにホルモンバランスがとても整っている方はバストアップサプリを飲むと、エストロゲンが体内に多すぎる状態になるため、副作用が出やすくなります。

風邪や疲労で体調が悪い時に摂取してしまった人

最後は、風邪や疲労で体調が悪い時に摂取してしまった人です。

風邪や疲労などで体が弱っていると、バストアップサプリの副作用が出やすくなります。
疲れて身体が弱っていたり、体調を崩しているときは副作用なく摂取するためにサプリを飲むのを中断しましょう。

以上がバストアップサプリで副作用が出た要因です。
では次にバストアップサプリの副作用のない飲み方をご紹介します。

バストアップサプリの副作用のない飲み方とは

バストアップサプリの副作用のない飲み方は3点あります。

摂取量は少なめで飲み始める

1点目は摂取量は少なめで飲み始めることです。

推奨された分量を最初から摂取するのではなく、少ない量から様子を見て飲みましょう。
副作用が出るかどうかは個人差があるので、少しずつ増やして自分に合う適量を見つけましょう。

服用の記録をつける

2点目は服用の記録をつけることです。

初めて摂取する場合は、服用期間や摂取量などの記録をつけておくと、万が一、副作用が出た場合に正確な情報を医師に伝えることができ、治療にも有効です。
メモするのが面倒だという人は、スマホで画像を残すなど、簡単でも良いので記録しておきましょう。

体に異常を感じた時は直ちに中止する

最後に、体に異常を感じた時は直ちに中止することです。

もし、体調が変だなと感じた場合は、必ず中止することを約束してください。異常や副作用を感じた時点で服用をストップし、それまでの記録とサプリの説明書を持って、病院を受診しましょう。

以上がバストアップサプリの副作用のない飲み方です。
では次に副作用なしの声が多いバストアップサプリをご紹介します。

副作用なしの声が多いバストアップサプリを紹介

副作用なしの声が多いバストアップサプリは次の1点です。

ルーナプレミアム

ルーナプレミアム
ルーナプレミアム 出典:https://c.ho-br.com/
内容量 28粒+28粒=56粒(4週間分)
通常価格 9750円(税別)
定期価格 初回限定:880円(税別)
2回目以降:6480円(税別)
送料 送料無料
返金保証日数 90日間返金保証

LUNA(ルーナ)ハーバルサプリメントは、シリーズ累計40万個を突破したバストアップサプリメントです。
このサプリの特徴は、プエラリア無配合で副作用の心配がなく、その代わりに新成分エクオールという新バストアップ成分が配合されているところです。
今までのバストアップサプリメントより女性ホルモンの分泌が格段に上がった上に、身体に優しい成分に変わり、副作用が抑えられバストアップできます!

ルーナプレミアムの購入はこちら

以上が、副作用なしの声が多いバストアップサプリを紹介しました。
バストアップも大事ですが、健康はもっと大事です。副作用なく心身ともに元気な状態で理想のバストを手に入れましょう。

まとめ

それでは今回のまとめです。

  • バストアップサプリの副作用は、下痢・吐き気・腹痛などの消化器障害、頭痛などの体の痛み、月経不順・不正出血、子宮・卵巣などの婦人科系の病気への影響の4点である。
  • バストアップサプリで副作用が出た要因は、婦人科系の病気や持病がある人、服用薬との併用で悪化した人、過剰摂取してしまった人、風邪や疲労で体調が悪い時に摂取してしまった人の4点である。
  • バストアップサプリの副作用のない飲み方とは、摂取量は少なめで飲み始める、服用の記録をつける、体に異常を感じた時は直ちに中止する、の3点である。

以上です。
正しい方法でバストアップサプリを摂取し、副作用のなく胸を大きくしていきましょう!

バストアップサプリを飲む時期とは?