胸を大きくする豆乳

バストアップしたいとお考えの皆さま、ただ豆乳を飲んでいるだけにしていませんか?
実は豆乳を飲んで胸が大きくなるまでの効果が出るまでの期間や、飲む時に気を付けなければならないこともあるんです!
そこで今回は『豆乳と胸の関係』についてお話していきたいと思います。

しみ込む豆乳飲料の購入はこちら

豆乳を飲むとどのくらいで胸は大きくなるの?

胸のサイズを大きくしたい、そのために豆乳を飲んでいるという人も多いのではないでしょうか?
確かに豆乳を飲むと胸が大きくなることは実証されていますが、どのくらいで効果が出るのか気になりますよね。
まず、どのくらいでバストアップの効果が出るのかお話していきたいと思います。

大きくなるまでの期間はひとそれぞれ

豆乳を飲んで、胸が大きくなる効果期間は人によって異なります。
バストアップをするために生活習慣や睡眠、体の姿勢などさまざまな要素が合わさってなるものです。
そのため、さまざまな要素を取り入れながら豆乳を飲むことで胸を大きくなるまでの時間を促進する、と言った形でサポートをすることで胸を大きくしていくことが大切なポイントとなるのです。

では、どのくらいで効果が出るのかが分かったところで、次に豆乳を飲む時に気を付けるべきポイントを見直していきましょう。

豆乳を飲む時に気を付けるポイント

豆乳を飲む時に気を付けるポイントは四点あります。

イソフラボンが多い無調整豆乳を飲む

まずはイソフラボンが多い無調整豆乳を飲むことです。
豆乳は大きく分けると三種類あり、無調整豆乳調製豆乳豆乳飲料と区別されています。
豆乳から水分を除いたときに残る大豆固形分が多ければ多いほど、たんぱく質が豊富ですが、バストアップの場合、イソフラボンがどれだけ含まれているかがより重要なポイントとなります。
なので調製豆乳や豆乳飲料のよう飲みやすくなるように塩や砂糖、フレーバーなどを混ぜたものより、大豆と水以外使用していない無調整豆乳がバストアップにはオススメです。

一日の摂取量はコップ一杯分

次は一日の摂取量はコップ一杯分を守ることです。
無調整豆乳200mlにつき、約50mgの大豆イソフラボンを摂取することができるので、1日に必要な量は50mg~70mgと言われています。
1日に飲む目安は200ml~300ml程度なので、大よそコップ1杯の量にあたります。
なので豆乳の一日の摂取量はコップに一杯と覚えておきましょう。

食事前か就寝前に飲む

次は食事前か就寝前に飲むです。
まず食事前ですが、豆乳が含む大豆サポニンという成分が働き、満腹中枢が刺激されるため満腹感が得られ、脂肪燃焼が促進されます。
なので食事の約30分前に豆乳を飲むと、食べ過ぎの予防もできます。
また、起床後の何も摂取していない空腹の状態は、飲食した後と比べて栄養の吸収率が高くなっているので朝食前に一杯飲むのもオススメです。
そして就寝前に飲むと、睡眠中に働く成長ホルモンがより活発にすることができます。
いずれかのタイミングで飲めるように時間を作っていきましょう。

月経中は控える

最後は月経中は控えることです。
豆乳に含まれてるイソフラボンにはエストロゲンの分泌を促す作用があります。
生理中にエストロゲンの分泌が盛んにおこなわれてしまうと、ホルモンバランスが崩れてしまい生理周期や体調に影響が出てしまいます。
なので生理中はなるべく控えましょう。

もし生理中でもバストアップを狙いたいという人は、ホルモンに影響を与えないナイトブラの着用をオススメします。

以上が豆乳を飲む時に気を付けるポイントです。
次にバストアップにつなぎやすいオススメの豆乳の摂り方についてお話していきます。

バストアップにつなぎやすいオススメの豆乳の摂り方

バストアップにつなぎやすいオススメの豆乳の摂り方は四点あります。

コーヒーや紅茶で割って飲む

まずはコーヒーや紅茶で割って飲むです。
牛乳の代わりに豆乳でコーヒーや紅茶を割って飲むやり方です。
豆乳独特の臭みや風味が和らぐので、非常に飲みやすくなります。
また、コーヒーや紅茶以外でもココアも相性が良いので、豆乳をそのまま飲むのが苦手な人にオススメです!

それでも豆乳がダメだという人は、他の方法でもバストアップすることができるので安心してくださいね。

豆乳以外のバストアップ方法とは

豆乳鍋でバストアップに良い食材と食べる

次は豆乳鍋でバストアップに良い食材と食べるです。
豆乳鍋にすることでバストアップに効果のある食材も一緒に摂れる上に体を温められるので、冬など冷えやすい時期に非常にオススメです。
バストアップにつながる栄養素は下記が挙げられます。

バストアップ効果がある栄養素

タンパク質
効果:皮膚を作る、大胸筋を発達させる、胸にハリを出すなど
食材:鶏肉、チーズ、卵、大豆製品など
ビタミンB群
効果:肌の新陳代謝を促進、肌にハリや弾力を与える、ホルモンバランスを整えるなど
食材:豚肉、ホウレンソウ、さけ、ごまなど
ビタミンE
効果:血流を良くする、老廃物の排出を促すなど
食材:たらこなどの魚介類、西洋かぼちゃ、大根の葉など
サポニン
効果:皮膚を作る、大胸筋を発達させる、胸にハリを出すなど
食材:ゴボウ、大豆製品、紅茶など

果物と混ぜて飲む

次は果物と混ぜて飲むです。
果物を豆乳と一緒にミキサーにかけ、スムージーとして摂るやり方です。
フルーツの甘さが豆乳の臭みを消してくれるので、非常に飲みやすくなります。
中でも肌の再生やタンパク質の代謝とかかわりのあるビタミンB6が含まれているバナナがオススメです。

シリアルやフレークにかける

最後はシリアルやフレークにかけるです。
牛乳の代わりにシリアルやフレークにかけて食べることで、食事やビタミンがしっかりと摂れます。
シリアルやフレークの味で豆乳の臭みや風味が和らぎます。

まとめ

それでは今回のまとめです。
  • 豆乳を飲むとどのくらいで胸が大きくなるのかは人それぞれである
  • 豆乳を飲んでバストアップではなく、バストアップするためのさまざまな要素を取り入れながら豆乳を飲むというようにサポートとして取り入れるようにすると良い
  • 豆乳を飲む時に気を付けるポイントはイソフラボンが多い無調整豆乳を飲む一日の摂取量はコップ一杯分食事前か就寝前に飲む月経中は控えるである
  • バストアップにつなぎやすいオススメの豆乳の摂り方はコーヒーや紅茶で割って飲む豆乳鍋でバストアップに良い食材と食べる果物と混ぜて飲むシリアルやフレークにかけるである。

以上です。
豆乳をうまく取り入れ、しっかりと胸を大きくしていきましょう!

しみ込む豆乳飲料の購入はこちら