可愛く生まれ変わる BONiTA

可愛く生まれ変わるための女性の特効薬
BONiTA(ボニータ)

  • instagramアイコン
  • twitterアイコン
  • facebookアイコン
  • google+アイコン

2017.03.28|美容

経験者が語る!妊娠後の肌荒れは簡単に治るものだった!

田村 香織

妊娠しているお腹

妊娠すると肌荒れするって聞いたことありませんか?
私は妊娠したことないのでわからないんですが、今回は妊娠・出産経験のある先輩方をお招きして、妊娠後の肌荒れについてためになる情報を教えていただきました!

妊娠経験者の声~肌荒れの状態~

妊娠中に肌荒れした経験のある3名に集まっていただきました〜。
※今回は都合により名前は伏せさせていただきます!
さあ、どんどん聞かせていただきましょう!

顔全体にニキビができた

私は妊娠がわかる前からブワッと顔中にニキビができました!

え!妊娠がわかる前にですか?いわゆる超初期症状ってやつでしょうか?

そうだと思います。「なんか肌がゴワゴワするな〜」って思ってたら、あっという間に赤いニキビになってしまって。

うひゃあ〜。それは顔のどのへんですか?

まあ全体なんですけど、強いていうならおでこと頰あたりですかね。スキンケアも普段通りのものだったので、なんでこうなったのかとかどうしたらいいのかがわからなくて。

妊娠してるってわかった時どうでした?

「あ〜なるほどな〜」って感じでしたね。妊娠するとニキビできるんだな〜って(笑)

さて、妊娠したらニキビができてしまったというA子さん。
どうしてニキビができてしまったのでしょうか。

◎ニキビになってしまう原因

ホルモンバランスの乱れ

妊娠するとホルモンバランスに変化があり、その影響でニキビが大量発生してしまったという人も多くいるようです。
特にAさんのような初期段階のニキビは、女性ホルモンの乱れが大きく関わっていると言えるでしょう。

便秘

便秘になると、体内の毒素が排出されずに腸に溜まってしまいます。
溜まった毒素は血液に溶けて全身に回りだし、ニキビや肌荒れとして出てくることがあるんです・・・。

肌が乾燥しやすくなった

私は乾燥がひどかったです。何をしてもヒリヒリするし、スキンケアもピリピリして本当に辛かった。

保湿もままならないって感じですか?

そうですね。保湿しようにも全てが痛くて・・・。今まで使っていた化粧品が何一つ使えなくなりまして、出費も痛かったです。

そうなんですか・・・。

小さいプツプツとか、乾燥が原因の肌荒れも始まって「これが妊娠かあ」って感じでしたね。

うひ〜。どうやって乗り切ったんですか?

スキンケアを全部変えて、とにかく保湿しまくりました!

おおお〜。

化粧品を合うものに変えたらだいぶましになりましたよ。

妊娠中に急に乾燥肌になってしまったというB子さん。
あらゆる肌荒れの原因となる乾燥肌ですが、一体どうしてなってしまったんでしょうか?

◎乾燥肌になってしまう原因

ホルモンバランスの変化

妊娠中のニキビと一緒で、女性ホルモンのプロゲステロンが増えることで乾燥や肌荒れが起こってしまいます。

体内の水分・栄養の減少

妊娠初期は、赤ちゃんに水分を送るために肌に行き渡る水分量は不足しがちになってしまうようです。
もともと妊婦さんは乾燥しやすいんですね。
また、摂取したビタミンなどの栄養も赤ちゃんに優先的に送られますので、お母さんはいつでも栄養不足なんですね・・・。

身体全体がかゆくなった

私はかゆみが・・・

かゆみ!?

体全体に・・・

ええ!?!?

妊娠後期のもうちょっとで生まれるという時から始まったんですけど、本当に痒かった。痒くて眠れなかった!

そんなにですか!?どうやって乗り切ったんですか?

かかりつけの産婦人科に相談して薬を処方してもらいました。その時に聞いたんですけど、妊婦さんって結構痒くなるらしいんですよ。

え、そうなんですか。今の今までそんなこと考えたことすらなかった・・・。

出産したらかゆみはウソみたいに治まりました。でも掻きむしっちゃったところは色素沈着してまだ残っています・・・。

ひええ・・・。それはショックですね〜・・・。

多くの妊婦さんが経験するというかゆみ。掻きすぎるとCさんのように色素沈着したり、肌荒れの原因になってしまう可能性があります。

◎かゆくなってしまう原因

胆汁の成分が全身に回る

妊娠で大きくなった子宮が肝臓を圧迫すると肝機能が抑制され、肝臓で作られた胆汁の排出がうまくいかなくなると、胆汁の主成分「胆汁酸」が全身にまわり、皮下組織の中にまで入り込んでかゆみをもたらせるのです。

弾性繊維の断裂

妊娠中、コラーゲンなどのお肌の弾性繊維を作る細胞が増殖するのを抑制する働きが起こります。
弾性繊維が減ると肌は柔軟性がなくなって硬くなり、皮膚も薄くなり、刺激に弱くなってカサつき始め、弾性繊維が断裂すると妊娠線ができて痒くなってしまうんですって。

体温の上昇

妊娠すると常に体温が高く、ぽかぽかして基礎代謝が上がった状態になると汗をかきやすくなり、かゆみが出てきてしまうそう。

妊娠経験者の声~肌荒れの対策方法~

テーマ『妊娠中の肌荒れはどうやって防げばいいのか』として、皆さんに座談会をしていただきました!

じゃあ、妊娠中の肌荒れにこれは必要でしょ!ってもの、何かありますか?

水分をしっかりとる

ハイ!お水ですね。水分!

いくら飲んでも赤ちゃんの方行っちゃうから私の喉が乾く〜。

私もずっと喉乾いてた!飲んでるのに一向に満足しないんだよねー!

そう!そうなの!

栄養バランスの整った食事をとる

水分といえば、栄養もじゃない?ビタミンとかミネラル!

あ〜〜!

私はいくら食べてもお腹が空いちゃって、お医者さんから注意されるくらい太っちゃったよ。

食べたもの全部赤ちゃんに取られちゃうんだよね!でも「これも赤ちゃんの栄養になってるんだ」って思うと変なもの食べられないしね。

でも私、一時期ファストフードのフライドポテトしか食べられなくなったよ。

わかる〜!私はみたらし団子だったなあ。

これもホルモンバランスの影響だよね。とはいえバランスのいい食事もしなきゃね。

わかってはいるんだけどね〜。

ね〜。

睡眠をたっぷりとる

睡眠も大事だよね。ちゃんと寝ないと次の日まともに生活できないくらい疲れちゃってた。

夜はすごい規則正しい生活してた!22時には布団に入って、朝早起きして散歩したり。

私、ニキビ治したくてホルモンバランスを整えるためとか言ってよく寝てたなあ。

何よりさ、眠いよね。妊婦!

眠い!立ち仕事なら良くても座っちゃうともうダメ。いつの間にか寝てる・・・。

妊娠したら逆にツルツルになったという意見も…。

これは私の友達の話なんだけど。

うん。

妊娠したら肌がすっごく綺麗になった子がいるのよ。

ああ〜。結構いるよね、私たちと逆パターンよね。

それまで大して肌綺麗じゃなかったのにさ、お母さんになった途端白くてツルピカになっちゃって。

羨ましい限りでございますな。

ホルモンバランスの乱れがどの方向に乱れるかによるんだろうね。今まで乱れてたのが正常になる人もいるみたい。

まとめ

今回は、妊娠中の肌荒れについて、三人のベテラン出産経験者様にお話をお伺いしました。
ニキビができたり身体中が痒くなったりしながらも果敢に出産に挑んだ皆さま、座談会のときには当時の肌荒れの面影はなく大変美しい方たちばかりでした〜!
肌のトラブルやホルモンに負けずに頑張っていきましょう〜!

※この記事を執筆するに当たって以下のサイトを参照させていただきました。
こそだてハック
赤すぐネット
注目の記事
同じカテゴリーの記事