可愛く生まれ変わる BONiTA

可愛く生まれ変わるための女性の特効薬
BONiTA(ボニータ)

  • instagramアイコン
  • twitterアイコン
  • facebookアイコン
  • google+アイコン

2018.03.07|美容

オイリー肌だからこそ美白を!オススメの対策方法とは

田村 香織

オイリー肌用の美白対策化粧品

お肌トラブルが多く非常に厄介と言われているオイリー肌に美白対策は不可能と思っていませんか?

実は原因を見直し、対策をしっかり練ればオイリー肌でも美白対策はできるんです!
そこで今回は『オイリー肌の人が美白を目指すのにおすすめの対策方法』についてお話していきたいと思います。

目次
  1. オイリー肌も美白対策はできる?
  2. オイリー肌の美白のために注意しなければいけないポイント
  3. オイリー肌にオススメの美白対策方法
  4. まとめ

オイリー肌も美白はできる?

オイリー肌と言えば日々皮脂が過剰分泌され、オイリー肌対策だけで手いっぱいになるイメージが強く、美白対策なんてほど遠いと思っている人も多いのではないでしょうか。

しかし実はそうではありません。
オイリー肌もしっかり見極めれば、美白対策も可能なんです。
では、オイリー肌が美白対策を行うためにはまず何をすることが大切なのでしょうか?

お肌の水分と皮脂バランスを整えることが美白への第一歩

オイリー肌でまず大切なことはお肌の水分と皮脂バランスを整えることです。

皮脂が過剰分泌してしまっているのはお肌のバランスが何らかの原因で傾いてしまっている状態です。
そのため、オイリー肌が美白対策をするにはまず、お肌の水分と皮脂バランスを整え、正常な肌の状態を取り戻すことが第一歩として行うべきことなのです。

ではオイリー肌の美白のために注意しなければいけないポイントを紹介します。

オイリー肌の美白のために注意しなければいけないポイント

オイリー肌が美白対策のために注意しなければいけないポイントは二点挙げられます。

オイリー肌の原因をしっかり把握する

まずはオイリー肌の原因をしっかり把握することです。

そもそもオイリー肌の原因は遺伝や体質的なものと思われがちですが、実はそれだけではありません。
具体的には下記チェックリストにあることもオイリー肌の原因に当てはまります。

オイリー肌の隠れた原因チェックリスト
  • 生活習慣・食生活の乱れ
  • 間違った洗顔・クレンジングやスキンケアを行っている
  • 皮脂を過剰に取り除いている
  • ホルモンバランスの乱れ

以上のことを行っていると、お肌を守るバリア機能が低下し、肌表面が乾燥します。

この肌表面の乾燥を改善しようと肌内面から皮脂が過剰分泌をすることで、肌表面が皮脂でべたべたするのです。
なのでオイリー肌は乾燥によって皮脂が過剰分泌されるから起きるもの、と言えます。
オイリー肌かな?となった時は一度原因がどこからなのかを見直すようにしましょう。

インナードライ肌化させない

次はインナードライ肌化させないことです。

先程お話したオイリー肌の原因にあたるいずれかを行い続けてしまうと、肌表面が過剰分泌された皮脂でベタベタしてオイリーな状態なのに肌内面は必要な皮脂も分泌され乾燥している状態、いわゆるインナードライ肌へとなってしまいます。
インナードライ肌化してしまうとベタつきやテカリが気になるためにオイリー肌だと思い込み、本来必要である保湿を控えてしまったり、皮脂を取り去ろうと何度も洗顔したりする傾向が非常に高いです。
そのため、ますます皮脂分泌が増えて肌のバランスが崩れて、オイリーな状態が悪化してしまうので、インナードライ肌化してしまう前に対策をしていきましょう。

以上がオイリー肌が美白対策のために注意しなければいけないポイントです。

ポイントを抑えれば、オイリー肌でも美白対策ができるので、ここでしっかりおさらいしておきましょう。
では、次にオイリー肌におススメの美白対策方法についてお話します!

オイリー肌にオススメの美白対策方法

オイリー肌にオススメの美白対策方法は下記三点です。

保湿をしっかり行う

まずは保湿をしっかり行うことです。

オイリー肌の原因である乾燥対策として洗顔やクレンジング、スキンケアで保湿をするようにしていきましょう。
まず洗顔やクレンジングで酸化した皮脂や汚れだけを落とすように低刺激の化粧品で優しく洗うことで、お肌に必要な皮脂や常在菌を残すことができます。
スキンケアではセラミドやヒアルロン酸などの保湿成分入りの化粧水やデイリー用のシートマスクなどでお肌を角質層まで潤しましょう。
化粧水やデイリー用のシートマスクの前後に美容成分が配合された美容液を使うとよりお肌に水分を行き渡らせられます。
そして最後はしっかり保湿クリームでふたをして、角質層内に水分を保てるようにしておくとより保湿対策ができるので、しっかり行いましょう。

美白成分もオイリー肌向けのものを選ぶ

次は美白成分もオイリー肌向けのものを選ぶことです。

美白成分にもさまざまな種類がありますが、その中にはオイリー肌対策も行える美白成分もあります。
中でも皮脂の分泌を抑えるビタミンC誘導体が非常にオススメです。
ビタミンC誘導体は皮脂の分泌を抑えるだけでなく、毛穴つまりの予防、抗炎症作用によるニキビ予防・ニキビ跡のシミを薄くすると言った効果もあり、美白効果にも期待できます。
そのほかに肌の新陳代謝アップを促しながらメラニンの生成を抑えるプラセンタエキス、ハリをアップさせるコラーゲン、肌に刺激が少ない優しい美白成分であるアルブチンやコウジ酸などもオススメです。

紫外線対策をしっかり行う

最後は紫外線対策をしっかり行うことです。

紫外線はお肌の乾燥だけでなく、シミや肌の老化にもつながる恐ろしいものです。
紫外線対策と聞くと夏を連想する方が多いと思いますが、一番怖いのはです。
春は夏の紫外線の強さに加え、黄砂や花粉の飛散で肌を痛めやすくなっているため、乾燥しやすい季節でもあります。
なのでオイリー肌の美白対策として紫外線対策は季節を問わず意識して行うようにしましょう。

それでは今回のまとめです。

  • オイリー肌にとって美白は遠いものではなく、しっかり見直せば対策方法を取り入れられる
  • オイリー肌はお肌の水分と皮脂バランスを整えることが美白対策への第一歩である
  • オイリー肌が美白のために注意しなければならないポイントはオイリー肌の原因をしっかり把握するインナードライ肌化させないの二点である
  • オイリー肌にオススメの美白対策は保湿をしっかり行う美白成分もオイリー肌向けのものを選ぶ紫外線対策をしっかり行うの三点である

以上です。
オイリー肌の原因やまず行うべきポイント、注意すべきポイントを見直し、しっかり美白対策をしていきましょう!


注目の記事
同じカテゴリーの記事