可愛く生まれ変わる BONiTA

可愛く生まれ変わるための女性の特効薬
BONiTA(ボニータ)

  • instagramアイコン
  • twitterアイコン
  • facebookアイコン
  • google+アイコン

2018.02.27|美容

オイリー肌はサプリで改善可能!?効果的な方法とは?

田村 香織

オイリー肌に効くサプリメント

オイリー肌改善のためにスキンケアに気を使ってるのに改善されないとなっていませんか?
そんな時、サプリをうまく取り入れれば改善できるんです!
そこで今回はオイリー肌サプリについてお話していきたいと思います。

目次
  1. オイリー肌はサプリで改善可能?
  2. オイリー肌がサプリを選ぶために見極めるべき「皮脂の原因」とは?
  3. オイリー肌に効果があるサプリの栄養素
  4. まとめ

オイリー肌はサプリで改善可能?

オイリー肌といえば、お肌のお悩みでももっとも厄介と言われているものですね。
改善方法もさまざまなものがありますが、その中でもサプリを取り入れるという手段も浮かぶ方もいらっしゃると思います。
しかし、このややこしい肌質であるオイリー肌にサプリは効果があるのでしょうか?

皮脂の原因で選べばサプリで改善可能!

オイリー肌がサプリで改善できるかは皮脂の過剰分泌の原因をしっかり把握しているかによります。
というのも、皮脂の過剰分泌の原因によって、必要とする成分が異なるからです。
そのため、皮脂の過剰分泌の原因に合ってない成分が配合されたサプリを摂取してしまうと効果が出にくくなってしまい、その間にも悪化しかねません。
なので、自身の皮脂の過剰分泌の原因をしっかり把握することが非常に大切なポイントです。
では、皮脂の過剰分泌の原因とはどのようなものがあるのでしょうか。

オイリー肌がサプリを選ぶために見極めるべき「皮脂の原因」とは?

それではサプリを選ぶために、オイリー肌の皮脂の原因について見てみましょう。
原因は大きく2つあります。

遺伝的な理由からくるオイリー肌の場合

まずは遺伝的な理由からくるオイリー肌の場合についてです。
もともと皮脂の量が少ない乾燥肌タイプがいるように、遺伝的に皮脂が多く出やすいタイプの方もいます。
しかし遺伝的な理由で皮脂が出やすい人は体質だけでなく、オイリー肌になりやすい生活習慣や食生活を送っていることも多いのです。
揚げ物や脂っこいものを食べたり、余り運動をせずに室内にいることを好むといったことをしていると、皮脂の過剰分泌に拍車がかかります。
なので、生活習慣や食生活を改めながら脂肪のエネルギー代謝を促せるようにしていくように意識していきましょう。

インナードライからくるオイリー肌の場合

次はインナードライからくるオイリー肌の場合についてです。
皮脂で顔が脂っぽくなってしまい、スキンケアやクレンジング・洗顔などで皮脂を取り除き過ぎたりしている人
しかし皮脂を取りすぎたりすることはバリア機能低下につながる間違った対策です。
バリア機能が低下すると、乾燥や外部の刺激から肌を守るために皮脂が過剰分泌され、結果として表面の皮脂は過剰なのに肌の内側が乾燥している状態、インナードライ(乾燥性脂性肌)へとなっていきます。
なのでインナードライの場合は皮脂を落とすことよりしっかりと保湿する必要があるのです。

オイリー肌に効果があるサプリの栄養素

オイリー肌に効果があるサプリの栄養素は下記3点です。

パントテン酸

まずはパントテン酸です。
パントテン酸は脂質のエネルギー代謝に必要な補酵素であるため、もともと遺伝的な理由でオイリー肌にになりやすい方におススメの栄養素です。
ビタミンの一種で、ビタミンB群内に含まれており、ビタミンB5と呼ばれています。
パントテン酸はビタミンCの働きをサポートし、コラーゲンを生成したり、女性ホルモンなどの促進を促すので、抗ストレスビタミンの役割も果たします。

コラーゲン

次はコラーゲンです。
コラーゲンはスキンケアやクレンジング・洗顔によって水分保持力が低下しているインナードライ肌におススメの栄養素です。
コラーゲンは水分保持作用があるので、コラーゲンが増えると肌内部の水分量が増え、乾燥が改善され、皮脂の過剰分泌を防ぎ、お肌のターンオーバーや脂肪燃焼が促されます。
また、サプリとして摂るときはL-プロリンというアミノ酸の一種を摂るようにし、コラーゲンが生成できるようにしていくと対策として取り入れやすいので、非常にオススメです。

ビタミン類

最後はビタミン類です。
オイリー肌を改善するためには、ビタミン類も積極的に摂るとより効果が得られます。
特に下記のビタミンはオイリー肌対策には欠かせないものなので、ぜひとも積極的に摂取しましょう。

ビタミン 効果 多く含まれている食品
ビタミンC 皮脂分泌抑制、
肌のダメージを抑えるなど
赤ピーマン、パセリ、レモン、ゴーヤ、キウイ、柿、イチゴなど
ビタミンB2 糖質・タンパク質・脂質の代謝を促進、肌の資質をコントロールするなど レバー、はつ、うなぎ、さば、納豆、いくら、まいたけなど
ビタミンB6 肌の新陳代謝を高めるなど にんにく、まぐろ、酒粕、かつお、鶏ひき肉、いわし、ささみなど

まとめ

それでは今回のまとめです。

  • オイリー肌改善のためにサプリを取り入れると改善できるが、自身の皮脂の過剰分泌の原因をしっかり把握する必要がある
  • 皮脂の過剰分泌の原因には遺伝的な理由の場合インナードライからくる場合の二つがある。
  • 遺伝的な理由の場合に有効なサプリの栄養素はパントテン酸、インナードライからくる場合に有効なサプリの栄養素はコラーゲンである
  • 理由問わず有効なサプリの栄養素はビタミン類で、特にビタミンCビタミンB2ビタミンB6がオススメである。

以上です。
自身の皮脂の過剰分泌の原因をしっかり見直し、上手にサプリを摂取してオイリー肌を撃退していきましょう!

注目の記事
同じカテゴリーの記事