可愛く生まれ変わる BONiTA

可愛く生まれ変わるための女性の特効薬
BONiTA(ボニータ)

  • instagramアイコン
  • twitterアイコン
  • facebookアイコン
  • google+アイコン

2018.02.09|美容

オイリー肌の肌荒れは改善できる!正しい対策法とは

田村 香織

オイリー肌の肌荒れを隠す女性

オイリー肌で皮脂を取り除いたりしているのに、ニキビや吹き出物といった症状でお悩みではありませんか?

実は皮脂を取り除く対策は逆効果な上に、そもそもの原因が違っている可能性があるかもしれません!
そこで今回は「オイリー肌の際の肌荒れ」についてお話していきます。

目次
  1. オイリー肌の肌荒れはなぜ起きてしまうの?
  2. オイリー肌の肌荒れは放置すると大変なことになる
  3. オイリー肌が肌荒れにならないための対策方法
  4. まとめ

オイリー肌の肌荒れはなぜ起きてしまうの?

オイリー肌は乾燥肌や混合肌と比べても肌荒れが出やすく、症状としては下記のものが良く出ると言われています。

オイリー肌でよく見られる肌荒れトラブル
  • テカリが出る
  • 頭皮が薄毛になっている
  • お肌のキメが荒い
  • 毛穴が詰まる、開く、たるむ、黒ずむ
  • ニキビや吹き出物ができやすい
  • 赤ら顔(脂濡性皮膚炎)

以上の症状に心当たりがある方は肌荒れが起きているといってもいい状態です。
オイリー肌で肌荒れの症状が出る理由として、ほとんどの方が「皮脂の過剰分泌」と決め、皮脂をおさえようとしたり、取り除いたりといった対策をしていませんか?
実は皮脂を減らす対策をし続けていると、逆に皮脂がより分泌してしまい、肌荒れがより悪化してしまうのです!

そこで次にオイリー肌の肌荒れが起きる本当の原因についてお話していきます。

オイリー肌の肌荒れの原因は「乾燥」によるもの

オイリー肌の肌荒れの原因はずばり、乾燥からくるものです。

脂っぽくなってるのに乾燥って?となる人も多いと思いますが、実は脂っぽくなっているからこそ乾燥しているのです。
さまざまな要因によってバリア機能が低下し、肌の表面が乾燥すると、ターンオーバーが早まり、潤そうと肌内面から皮脂を過剰に分泌します。 すると肌内面になければならない皮脂もともに肌表面に出ることで肌内面も乾燥し、刺激に敏感な状態になります。
敏感な状態でさらに乾燥してしまうと、さらなる刺激によって肌荒れが起きてしまうのです。

オイリー肌の肌荒れは放置すると大変なことになる

そしてこのオイリー肌の肌荒れ、もしくは原因である乾燥を長々放置してしまうと、さらに症状が出やすく、お肌の状態も悪化していきます。 放置してしまうとどうなってしまうのか、次でお話していきます。

肌荒れを放置し続けると最悪インナードライ肌になる!

肌荒れや原因に当たる乾燥でバリア機能が低下した肌は、言い方を変えるとインナードライ肌の状態になります。

肌表面は脂っぽいのに対し、肌内面は乾燥している状態のインナードライ肌が続くと、まず外部からの刺激に弱くなります。
空気中のホコリや雑菌、花粉などのアレルギー物質、化粧品や洗剤、食品など、肌は多くの刺激にさらされた状態にあります。
健康なお肌であれば、多少の刺激も洗い流せば元通りになりますが、バリア機能が低下してしまうと刺激から守ることができなくなります。
その結果、気温の変化や肌をこするといった少しの刺激にも炎症を起こすようになり、敏感肌の状態になってしまうのです。

そして敏感肌の状態になってしまうと最悪皮膚科に行かなければならない場合もあります。
なのでそうならないように対策を練っていく必要があるのです。
では、オイリー肌が肌荒れにならないための対策とは一体何なのでしょうか。

オイリー肌が肌荒れにならないための対策方法

オイリー肌が肌荒れにならないための対策法は下記3点です。

日中のお手入れにも対策を取り入れる

まず一点目は日中のお手入れにも対策を取り入れることです。

乾燥は日中のさまざまな原因で起きるもので、その中でも一番は紫外線と言っても過言ではありません。
そのためまず日中できる対策として紫外線対策をしっかり行いましょう。

また、メイク直しの時にあぶら取り紙を使って皮脂を取り除いたりすると必要な皮脂まで取り除いてしまう恐れがあり、かえって逆効果です。
皮脂を取る場合はティッシュで軽くおさえる程度に取り除いていきましょう。

洗顔方法や回数、洗顔後を見直す

次は洗顔方法や回数、洗顔後を見直すことです。

オイリー肌のトラブルのほとんどは間違った洗顔をし続けていることで起きていることが非常に多いので、洗顔を見直すだけでも改善されます。
洗顔において見直すポイントは3点あります。

洗顔で見直すポイント

洗顔時のクレンジング

クレンジングは低刺激で必要な油分を残せて、かつ余分な汚れや皮脂だけを落とせるジェルタイプやミルクタイプ、クリームタイプを使用しましょう。
洗顔は使用する物の成分も低刺激で肌に優しく、毛穴の皮脂汚れをしっかり落とせるものにし、しっかりと泡立ててから洗顔をしましょう。

洗顔方法

洗顔方法も優しくしていくことが重要です。
まず洗顔回数は朝晩の1日2回にし、洗顔料や石けんはしっかり泡立て、手ではなく泡で洗うイメージで優しく洗います。
顔をすすぐときも熱湯だとお肌が乾燥してしまうので、ぬるま湯ですすぐようにしましょう。

洗顔後のタオル

洗顔後の顔を拭くタオルも清潔で優しいものを使用し、ごしごし擦らず優しく拭いていきましょう。
吸水性が高く、柔らかいものだとよりお肌から優しく水分をとることができます

スキンケアではしっかりと保湿をしていく

最後はスキンケアではしっかりと保湿をしていくことです。

オイリー肌の根本的な原因である乾燥はスキンケアでの保湿不足が大きく響いて起きるものです。
そのため、まずは角質の奥までしっかり保湿成分が行き渡る化粧水、より角質の奥まで化粧水が届けられるようにブースター(導入剤)の役割を果たす美容液を選んでしっかりと保湿しましょう。
また化粧水や美容液だけだと水分が蒸発してしまうので、乳液や保湿クリームでしっかりふたをするとより保湿状態が保たれます。

まとめ

それでは今回のまとめです。

  • オイリー肌で起きる肌荒れトラブルはテカリが出る、ニキビができるなどのほかにもさまざまな症状がある
  • 起きている原因は皮脂の過剰分泌ではなく、根本は乾燥である
  • 肌内面が乾燥すると肌表面は刺激に弱くなり、外部刺激によってさまざまなトラブルが起きるようになり、悪化すると最悪インナードライ肌化、敏感肌へとなる
  • オイリー肌の肌荒れトラブルの対策法は日中のお手入れにも対策を取り入れる洗顔方法や回数、洗顔後を見直すスキンケアではしっかりと保湿をしていくことである

以上です。
原因と対策をしっかり理解すれば、オイリー肌の肌荒れも怖いものではありません。
しっかりと対策を練っていきましょう!


注目の記事
同じカテゴリーの記事