可愛く生まれ変わる BONiTA

可愛く生まれ変わるための女性の特効薬
BONiTA(ボニータ)

  • instagramアイコン
  • twitterアイコン
  • facebookアイコン
  • google+アイコン

2017.01.30|美容

突然始まる乾燥肌に万全の対策をしよう

田村 香織

乾燥している柿

寒い季節になると、肌がつっぱる・かゆみが出るなど、お肌に他の季節では感じられない違和感を感じることはありませんか?
それって実は乾燥肌かもしれませんよ?

あなたの肌は知らないうちに乾燥している

こんな時に注意!見逃しがちな乾燥肌の症状
  • お風呂上がりや洗顔後、肌がつっぱる
  • 顎や頰がカサカサして痒い
  • メイクがうまくのらない、馴染まない
  • こんな症状に心当たりがある人に向かって、
    「あなたの肌、乾燥肌になっていますよー!」
    と、言いたいです。私。発砲酒のCMばりに風に煽られながら言いたいです。

    乾燥地域

    だけど、乾燥肌って気付いた時にはもうカサカサヒリヒリしていて、何をどう塗っても何も効かないじゃん!!という状態になってしまっていることがほとんどで、今日は乾燥していないけど明日は乾燥しているなんてザラですよね?

    でもね、急に乾燥肌になるわけないんですよ。
    乾燥肌にもちゃんと過程があってなる原因があるのです。

    乾燥肌になる原因

    本来私たちのお肌には、優秀な保水・保湿機能が搭載されてるのに、どうして乾燥肌になってしまうと思いますか?

    ①間違ったスキンケア

    毎日しているスキンケアですが、間違ったスキンケアを行ってしまうと乾燥肌の原因となります。

    ドラックストアの棚には何種類ものスキンケア用品が並び、私たちはどれが自分の肌をより美しく整えてくれる化粧品なのかを選択することができますが、「有名人が使っているから」「流行しているから」「テレビでやってたから」と選んだり、「自分の肌に合わない」化粧品なのにそれに気付かずに使っていたりする場合、突然なりますよ、乾燥肌。

    「私の皮膚、乾燥しすぎ。病気なのかな」と皮膚科を受診する人のほとんどが皮膚疾患などでなく、間違ったスキンケアが原因で乾燥肌になってしまっているので要注意ですよ。

    ②エアコン頼りの日常習慣

    エアコンは私たちの生活には欠かせない存在になっています。夏だって冬だって職場にだってデパートにだってエアコン!文明の凄さ感じますよね。
    しかし皆さんご存知でしょうが、エアコンは乾燥肌を作る大きな原因の一つです。
    なぜなら室温を調節するだけのエアコンは湿度を上げてくれるわけではないため、部屋全体を乾燥させてしまうからです。
    オフィスだと集団のため対策するのに苦労しそうしようですが、家にいるときは換気をしたり加湿器を使うなどして、乾燥している状態を防いでくださいね。

    ③紫外線による肌へのダメージ

    エアコンのない外なら乾燥しないから安心ねとも言っていられません。肌の天敵である紫外線がいます。
    肌を日焼けしたくないから日焼け止めを塗る前に、実は、日焼け止めさえも乾燥肌の原因となっているということを知っておきましょう。
    肌に優しい日焼け止めでも紫外線は防げるので、乾燥肌になりたくないという人はそのような肌に優しい日焼け止めと日傘を併用するなどしてしっかり対策してくださいね。

    ④長時間の入浴

    長時間熱いお風呂に入ると保湿成分のセラミドが流出して乾燥肌の原因となる上、ふやけた皮膚をゴシゴシ洗ってしまうと、肌に必要な角質がはがれてしまい弱い皮膚になってしまいます。
    なので、40度以上の熱いお湯に長時間入るのはお肌にとってかなりの負担になるので控えてください。
    対策としてはお風呂をなるべく短時間で済ませるか、ぬるま湯で長時間つかる、もしくは入浴剤を入れると、肌に優しいお湯に変化するのでオススメですよ。

    ⑤睡眠不足

    生きていくために働いて、一日すべてのことをやり終えた時にはすでに真夜中。そんな過酷な現代社会が招いた睡眠不足が原因で乾燥肌になっているのかもしれません。

    理由としては、お肌の生まれ変わりが特に活性化するのが、入眠から3~4時間後と言われているからであり、十分な睡眠時間をとれていないと、お肌の生まれ変わる周期(ターンオーバー)が乱れてしまうのです。ターンオーバーの乱れは健康な皮膚を作りにくくして、乾燥肌につながってしまいますよ!

    ⑥偏った食生活

    毎日コンビニ食やファストフードばかりで栄養が偏ると、お肌を作る栄養が不足し、ニキビができたり乾燥したり、肌トラブルが多発してしまいます。
    水は肌に潤いを与えるので、偏った食生活が原因で乾燥肌となっているのならこまめに水を飲むことがオススメです。

    乾燥肌を改善するために必要な成分

    ①ヒアルロン酸

    うるおい成分として誰でも知っている優秀選手ヒアルロン酸は、実はもともと私たちのお肌に備わっている成分ですが、水分をため込む性質により、肌の弾力保持に役立っていますが、加齢とともに徐々に減っていきます。
    保湿力による小ジワの予防と改善、お肌のバリア機能のサポートなど、ヒアルロン酸配合の化粧品に期待できる効果はとても基本的なものですが、保湿という点においても乾燥肌対策の基本になるものばかりです。

    ②コラーゲン

    コラーゲンはたんぱく質の一種で、皮膚はもちろん髪、内臓、骨、眼球など全身のあらゆる組織に組み込まれていて、細胞をつなぎとめる役割を持っています。
    身体の中の水分量は60%ですが、コラーゲンは身体の3%の割合を占めています。そう考えるとコラーゲンって、私たちの身体を作っている大きな成分なので、乾燥肌のためだけでなく、身体の健康のために積極的に摂取していきたい成分ですね。

    ③セラミド

    セラミドは肌内部の水分を挟み込んで蒸発を防ぐので、肌の水分保持にかなり貢献していて、特にアトピーや乾燥肌には効果絶大な成分です。もともと肌の構造に組み込まれている成分なのですが、ヒアルロン酸と同じく加齢とともに減少していくので、化粧品や食品で補う必要があります。
    主に体内でセラミドを増やしてくれる食品として「米・小麦・乳製品・大豆・こんにゃく芋」などが挙げられ、化粧品と並行して食品からも取り入れていくと、さらに効果が期待できますよ。

    乾燥肌が悪化すると大変なことになります

    「ま、乾燥肌なんて悪化しても大したことないしクリームでも塗っときゃそのうち治るでしょ!」

    と思ったそこのあなた。甘ーい!落雁より甘い!

    乾燥肌になると、余分な脂が浮いてきて顔がベタベタしたり角質が詰まったり毛穴が黒ずんだりはたまたニキビや吹き出物が出たりと、すべての肌トラブルを引き起こす諸悪の根源なわけで、
    肌の内側の乾燥により過剰な皮脂が分泌されてしまう「インナードライ肌」になる可能性もかなり高いです。インナードライ肌になってしまうと改善も難しくなってしまうので悪化する前に対策を講じましょう。
    一度乾燥肌になってしまうと、トントン拍子であっという間にインナードライ肌になってしまいますよ!

    乾燥肌に効果的な対策方法

    乾燥肌の恐ろしさ、伝わったでしょうか・・・。

    ほんとに、保湿ってやつはお肌にとって大事なんです!私がお肌だったら保湿と結婚したいくらいに…
    ではここで、乾燥肌のありとあらゆる対策方法と改善方法をまとめてみました。

    ①浴室内保湿をしよう

    お風呂に入ったりシャワーを浴びたりした後、クリームなどで保湿しますよね?洗顔の後もスキンケアしますよね?

    スキンケアや保湿を始める時間を今までよりもっとスピーディーに開始できませんか?
    せっかちな私のオススメは最近いろんな女優さんやモデルさんが実践している美容法の一つである「浴室内保湿」です。

    浴室内保湿の方法は、タオルで拭く前の濡れた体に直接保湿オイルやクリームを塗るといったものです。どうですか?簡単でしょ?もっと乾燥肌への対策で効果を上げたい人は顔にブースターとしてオイルを塗ることがオススメです。

    保湿クリームは室内に水分がないと塗ってもあまり効果がありません。そこで水分たっぷりの状態である浴室内で塗って、水分閉じ込めちゃおうということです。水分のおかげでオイルやクリームの伸びもいいので意外と経済的ですよ。
    塗る前はちょっと気持ち悪いかもと感じるかもしれませんが、試してみると本当にびっくりするくらいしっとりします。乾燥肌で悩んでいるのならやってみる価値120%の簡単美容法です。是非お試しください!

    ②水分を取る

    ダイエットのためにも乾燥肌対策のためにも毎日お水を1.5ℓ〜2ℓ飲みましょう。一回ではなく何回かに分けて飲んでも大丈夫なので、いつも飲んでいるお茶や炭酸飲料などを水に変えて試してみてください。

    また、乾燥する室内には加湿器を置くことで肌に水分を与えることができるので、乾燥肌にとって効果は抜群ですよ。

    ③スキンケアを順番で行う

    間違ったスキンケアが原因で乾燥肌になっているのなら、毎日のスキンケアを正しい順番で行えば、乾燥肌はしっかり治ってくれます。

    1. 化粧水を少量ずつ何回かに分けてお肌に馴染ませる。極力刺激を与えないように気をつける
    2. 乳液を馴染ませる
    3. クリームで保湿

    一番大切なのは、最初の化粧水での保湿です。保湿というより、保水ですね。カラカラの乾燥肌にたっぷり水分補給してあげましょう。

    続いて乳液ですが、乳液を跳ばしてクリーム塗っちゃう、という方多いのではないでしょうか。乳液にだってちゃんと塗る理由あるんですよ!化粧水は水で、クリームは油分ですよね。乳液には水分も油分もバランスよく含まれているので化粧水とクリームの成分をよりお肌に馴染ませやすくしてくれるんです。

    最後にクリームでしっかり肌の水分に蓋をしてあげてくださいね。

    ④体を冷やさない

    なんと「冷え」と「乾燥」には深—い関係がありまして、冷え性の人は乾燥肌になりやすいのです!

    理由としては体が冷えると、保湿成分セラミドが作られなくなってしまい、お肌は水分を保つことができず乾燥してしまうというからです。

    もし乾燥肌にも冷え性にも心当たりがある人は温かい飲み物を飲んだり、カイロを貼るなどして冷え対策を心がけましょう!

    ⑤生活習慣を改める

    睡眠不足、食生活、ストレスなどの生活習慣が乱れると乾燥肌によくないわよとあらゆるところに書いてありますが、みんながみんなそう言いたくなっちゃうほど、本当に大切なことなんです。
    生活習慣の改善は始めやすいと思うので、まずは早寝早起きから始めてみませんか?

    ⑥運動をして肌の代謝を上げる

    軽い運動などで代謝を上げることにより肌は生まれ変わる力を活性化させます。また、体の負担にならない程度の運動は運動不足解消にも繋がりますし、ストレス対策にもなり、心と体にとっていい事づくしです。ぜひ、日常に取り入れてみてください。

    ⑦便利な化粧品で乾燥肌対策をする

    さて、ここまで色々乾燥肌について書いていきましたが、
    「乾燥肌のケアってこんなに大変なのしかないのかなあ。こんなに沢山やらないといけないならやる気でないよ」
    という方もいるかもしれないなと思いまして、最後に即席でできる乾燥肌対策のお化粧品やグッズを紹介いたします。

    ①オールインワン化粧品

    めんどくさいスキンケアがこれ一つでできてしまうという優れもので、私は朝のスキンケアとして使用しています。朝は時間がいくらあっても足りないので重宝していますよ。
    忙しくて、時間をかけてしっかり保水・保湿ができない人にはとてもオススメです。順番を考えない間違ったスキンケアをするよりずっと乾燥肌への効果はありますよ!

    ②乾燥肌のサプリメント

    普段、生活していて不足している栄養素というのは多いものです。しかも必要なものに限って足りないんですよね・・・。野菜などの食品から摂取できれば一番良いのですが、栄養素を考えて献立を考えることはなかなか大変ですよね。そんな時は、気軽に毎日飲むだけで栄養が摂れるサプリメントに頼ってしまいましょう!薬のように即効性はありませんが、乾燥肌対策として飲み続ける事で良い結果をもたらしてくれるハズです。

    タムラがやってる乾燥肌の改善方法

    ①寝る前に部屋干し

    わたしタムラが実際にやっている乾燥を防ぐ方法それは「部屋干し」。
    なんて色気のない方法なんだという感じではありますが、部屋干しを侮るなかれ・・・

    暖房や冷房で乾燥している室内に洗濯物を干すと、部屋に適度な湿気を放ってくれるので乾燥を防げるんです。
    わたしは顔の真上にタオルを干しています。寝ている間に乾燥で喉が痛くなるなんてこともなく、顔もしっとりするので、風邪をひいたときなんかもよくやっていますよ。

    ②ホテルでは浴槽にお湯を張って寝る

    出張先のビジネスホテルを始め、リゾートホテルさえもなぜあんなに乾燥しているのでしょうね。
    まあ、湿気を感じるホテルの方が嫌か・・・。
    部屋内に加湿器が置いていない場合、部屋の乾燥が気になって眠れないなんてこともわたしはしばしばあります。
    そんな時は浴槽にお湯を張ってバスルームの扉を全開にしておくと部屋全体が潤うので乾燥肌の人にもオススメです。

    まとめ

    保湿が決め手の乾燥肌対策

    乾燥肌はきちんと対策すれば防ぐことができますし、たとえ乾燥肌になってしまっても確実なお手入れをしていけば改善することが可能です。
    外側からと内側への保湿が大きなカギを握っていることを心得て、まずはいまのスキンケアを見直すところから始めてはいかがでしょうか?

    ※この記事を執筆するにあたって以下のサイトを参考にさせていただきました。
    肌らぶ
    女性の美学
    注目の記事
    同じカテゴリーの記事