可愛く生まれ変わる BONiTA

可愛く生まれ変わるための女性の特効薬
BONiTA(ボニータ)

  • instagramアイコン
  • twitterアイコン
  • facebookアイコン
  • google+アイコン

2017.02.01|美容

汚い肌に終止符を!もうメイクでごまかすのやめませんか?

田村 香織

汚い肌に終止符を打った女性

いくつになっても気になるお肌事情。
顔は常にむき出しの状態なので、いちばん目につく部分ですよね。
だからこそいくらメイクしたってごまかせないくらい汚いニキビや毛穴、くすみに悩んではいませんか?

汚いお肌ってどんな状態?

一般的に「汚い肌」と呼ばれる状態は、

  • 顔全体に膿んだり、炎症しているひどいニキビがある
  • 顔全体に脂が浮いてテカテカ、ベタベタしている
  • 顔全体にクレーターのようなニキビ跡がある
  • 毛穴が黒ずんでいる
  • いた毛穴が存在感を放っている
  • 粉を吹くほど乾燥していて痒い
  • ニキビの周りが赤くなっており、顔全体が赤く見える

…こんなお肌のことです。<>/p

ヘアメイクやファッションをバッチリ決めても、お肌が汚いと台無しですよね。
メイクだって必然的にカバー力重視になってしまい、本当にやりたいメイクができないなんてこともザラです。

汚い肌がもたらすデメリット

①自信が持てない

言わば自分の看板とも言える顔。顔が自分自身を表しているわけではないのに、「顔で判断されてしまうかも」「肌が汚いから暗い性格だと思われるかもしれない」などと思ってしまい、家族や友人に必要以上に遠慮してしまったり、本音で喋ることができなかったりしてしまう人もいるようです。
「私は汚い顔なんだ」というコンプレックスのせいでやりたいことができないなんて、すごく悲しいし惨めですよね。

②老けて見られる

肌が汚いと、年齢をわかってもらえないことがよくあります。

汚い肌を気にしている私の友人も、すごく年上に見られることもあるし、もう社会人なのに高校生に間違えられることもあると嘆いていました。
その子は背も低く、華奢で小柄なので、思春期ニキビの高校生なのかな?と思われてしまうようです。
若く見られることは嬉しい時もありますが、ニキビで判断されてしまうのは嫌ですよね…。
また、乾燥しすぎてシワが目立ってしまっていたり、乾いたニキビが顔にびっしりある人は老けて見られやすいと思います。

私の友人ではないですが友達と買い物をしていて、肌が汚いだけで店員さんに友達のお母さんだと思われてしまった方などもいるようです。本当の自分の年齢の倍以上に見られてしまうのはしんどいですよね・・・。

③男性にモテない上、だらしない人と評価される

合コンや婚活のサイトを見ていると、「肌が汚い女の子は彼女(嫁)にしたくない」という記事を多く目にします。

肌の汚い美人より肌の綺麗なブスがモテる!

「そもそも肌が汚い時点でブスだ!」という男性が多く、男性は女性に対して「若さ、女らしさ、健康的であること、清潔感」を強く望んでいるようです。

そのため、肌が汚いということは「自己管理ができない女だ」と、レッテルを貼られてしまうようです。
スキンケアをサボっているわけではないのにそんなふうに思われてしまうなんてショックですよね…。

汚い肌になってしまう原因

他の人となんら変わりのない生活やスキンケアをしているはずなのに、どうして私だけこんなに肌が汚くなってしまうんだろう・・?

もちろん肌質はひとりひとり違います。他の人には効果のあったスキンケア方法が私には合わなかったなんていうのもよくある話です。

では、どうして肌が汚くなってしまうのか、原因を考えていきましょう。

①不規則な生活

不規則な生活といえば、数々の体の不調の原因の代表格ですよね。
夜通し飲みまくって遊びまくっているという生活も、華やかに見えはしますが汚い肌になる原因です。

1.睡眠不足

夜遊びはしない人でも、遅くまでテレビを見ていたりスマホをいじったりしていると、いざ寝るぞという時に目が冴えてしまい良質な睡眠がとれません。
肌が汚いと言われないためには睡眠時に活性化する肌のターンオーバーを大切にしなければならないので、睡眠不足のくせに「肌が汚くて困っている」なんて言っちゃいけません。しっかり寝てください。

2.栄養不足

三食カップラーメンよ!なんて女子はさすがにいないと思いますが、三食菓子パンよ!という人や、時間がないから一食がっつり食べて他は軽く間食してるわよ!という女子は多いのではないでしょうか?
おしゃれランチの代表である、低脂肪牛乳のカフェオレとベーグルのサンドイッチも、一見ヘルシーに感じますが、実は栄養が足りていないんです。
砂糖のとりすぎや間食のしすぎも栄養不足の原因につながります。栄養不足は当然ながら肌が汚いと言われてしまう原因になるので、バランスの良い食事を心がけましょう。

3.運動不足

運動で体を動かしたり汗をかいたりすることで肌の老廃物が排出されたり、血行がよくなって顔色がきれいに見えたりします。
反対に運動不足となると体も冷え、肌のターンオーバーも乱れるので汚い肌になりやすくなってしまいますよ。

4.その他の不摂生な生活習慣

タバコを吸うやタバコの煙をよく吸う環境にいることが多い、湯船に浸からずシャワーで済ますおよび悩みを抱えているなども肌が汚くなる生活習慣の一つです。他にも不摂生な生活習慣というものは存在しているので、肌が汚いと嘆く前に一般常識的に健康に良くないと思ったことは控えてみましょう。

②過剰なスキンケア

朝晩洗顔料で顔を洗って、スキンケアもラインでしっかりやっているの肌が汚いままできれいにならない!なんて人は、スキンケアがあっていないか、スキンケアをしすぎている可能性があります。肌は最初から自力できれいになる力を持っていますが、外部からの栄養が過剰になるとその力が衰え、自分の力だけでは補修できなくなってしまうのです。

③メイクを落としきれていない

肌が汚いことを気にして、ベースメイクもポイントメイクもがっつりしがちなのに、落とさないで寝たり、落としているつもりでも実際は毛穴に詰まって化粧品が肌に残ってしまっている人も多く見られます。

皮膚に放置された化粧品は蓄積し、やがて酸化します。これが俗にいう「肌がサビる」というやつです。肌がサビると、シミになったりシワになったり、ハリがなくなったりするので、肌が汚いと言われないためにもしっかりとメイクは落としきりましょう。

④便秘になりやすい

意外かもしれませんが、便秘になりやすい人は肌が汚い傾向にあります。
なぜなら、内臓の不調が発疹として皮膚に出てくることがあるように、腸と肌には綿密な関係があり、
便秘で老廃物が排出されないとニキビができたり荒れたりして、肌が汚くなるのです。

便秘の状態は体の中に腐っているものが放置されているということなので、まあ当然と言えますね。

汚い肌におさらばする方法

汚い肌に悩む女性

汚い肌の原因やこのままでいることのデメリットをわかっていただけましたか?
正直、女子として生きていくには辛い現実ばかりでしたね・・。世知辛いぜ!

そこでどうすれば汚い肌とさようならできるのか?具体的な対策方法を紹介します。

①スキンケアの見直し

スキンケアしているのに全然肌が汚いままだよ〜というあなたは、今のスキンケアの方法が間違っている可能性があります。
肌は、合っていなかったり、使用量が間違っていたりといった些細なことでダメージをうけてしまうのでこの機会に見直してみましょう。

1.コスメカウンターを利用する

年齢や季節の変化などに、肌は敏感に反応します。

コスメカウンターでは肌年齢や肌質のチェックから、ひとりひとりに合ったスキンケア方法などを美容部員さんが丁寧に対応してくれるので、自分でやってみて肌が汚いのを改善できないようでしたら、専門の人を頼るのもありでしょう。

2.肌断食をしてみる

肌断食とは、今まで使っていたスキンケアの一切をやめて、自分の力だけで健康的なお肌を目指そうというものです。
水で洗顔した後は何もつけないという、今までたくさんのスキンケアアイテムを使用していた人にとってはかなり厳しい内容のケアになると思いますが、過剰のスキンケアのせい汚い肌になってしまったと自覚がある人は試してみてください。
ただし、この方法はあくまで「過剰なスキンケアのせいで肌が疲れてしまった」人ようのスキンケアですので、先天的に荒れている人や敏感な人には向いていません。ちゃんと方法を調べてから挑戦するようにしましょう。

3.洗顔の回数を減らす

顔のベタつきやゴワゴワが気になって、1日に何度も洗顔をしてはいませんか?
上にも書いた通り、洗顔料で洗顔をしすぎると肌に必要な分の皮脂や角質まで取られてしまい、汚い肌の原因となってしまいます。
洗顔料だけでなく、クレンジング剤もかなりダメージになるので、できるだけ肌に優しいクレンジング剤や洗顔料を使うようにしましょう。
私のオススメは朝は水洗顔に変える方法です。朝は、洗顔料を使って落とすほどの汚れもついていないので水やぬるま湯だけで十分ですよ。

②生活習慣の見直し

スキンケアを変えてみても特に汚い肌は変わらないという人は、生活習慣を見直してみるといいかもしれません。
日常のちょこっとしたことを変えてみるだけで大きな変化が現れるかもしれませんよ。

1.便秘を解消させる

毎回の食事の中に、ヨーグルトやキムチ、納豆など、便秘解消効果のある食品をちょこちょこ取り入れてみてください。
私のオススメは納豆とキムチを混ぜるだけの納豆キムチです。これが驚くほど効いてお腹がスッキリするので、汚い肌とおさらばできますよ!

2.決まった時間に就寝・起床することを心がける

毎日違う時間に寝たり起きたりしていると、体が規則正しいリズムで動いてくれません。
そうなると、肌の生まれ変わりであるターンオーバーが乱れてしまい、スキンケアの効果もわかりにくくなってしまいます。

3.ファストフードやインスタント食品は控えて、しっかり栄養をとる

ファストフードやインスタント食品は、糖分・脂質・炭水化物などは多く含んでいるくせに、肌をきれいにするために肝心な栄養がほとんど含まれていません。

野菜は生で食べるか加熱するかでも成分の働き方が違ってくるので、考えながら料理するのも楽しいですよ。
また、魚などのたんぱく質や良質な油も、美肌のためには欠かせない食材です。

汚い肌を脱却するために、ビタミンE、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンB群、亜鉛、そして良質な油を積極的に摂取しましょう。

z

③メイクを薄くする

汚い肌にコンプレックスを持っているほとんどの人が、メイクを厚塗りして隠していると思います。

ですが、分かっているとは思いますが、その厚化粧は素肌にとっては最悪の施しなんです。
化粧品は油です。油は酸化します。顔の上で酸化します。コンシーラーやファンデーションを何層も重ねることは肌に大きな負担をかけてることになります。
勇気がいることだと思いますが、汚い肌で悩んでいるのなた思い切って何もつけない日を作ってみてください。

お化粧するとしてもミネラルファンデーションやベビーパウダーなど、肌に負担がかからず洗顔料で落とし切れるものに切り替えると、負担も少なくなりますよ。

汚い肌を脱出した体験談

人類史上最強に汚かった私の肌が・・・愛知県 専門職 30代 女性

中学生の時にニキビができて以来、少し前まで私の肌は汚い肌のままでした。
ニキビが炎症して顔の大部分が赤くなっていて、いつもテカテカでした。その上毛穴も大きく開いてしまい、毛穴の中には黒い何かが・・・。
ニキビ専用の化粧品など試しましたが全然効かなくて、中学高校の6年間は、この顔のトラブルと戦ってばかりいました。
大学に入りメイクを覚えると、することは汚い顔かくれんぼ大会。自分の顔にありとあらゆるカバー力の高い化粧品を塗り続けました。

私は汚い肌ながら、楽観的な性格だったので「死にたい」とかにはなりませんでしたが、今思うとそう思ってもおかしくないくらいに災厄がてんこ盛りでした。しかも色々な化粧品やスキンケアアイテムを手当たり次第に試したので、大学生になってからの私の肌はボロボロ・・。夏場のテカリはすごいし、冬は乾燥で粉をふきます。こうなったらもう開き直るかありませんでした。

やれることはやった

私はこれまで使用してきた全ての化粧品にさよならを言い、何もかも手放しました。
もともとマメな性格ではなかったので、やって効果がないものは続けられなかったんです。
私は抗うことをやめ、一生をこの汚い肌で終える決意をしました。

私が偶然汚い肌から脱出できたのはそう決意した一ヶ月後のことでした。
その頃はもう、メイクするのをやめ、洗顔料を使うのをやめ、顔はシャワーで流すという生活になっていました。
鏡を見る時には顔部分は目に入れないようにしていたので、自分がどんな顔になっているかすらわかりません。
長い春休みが終わり、久しぶりに大学へ行くと、友達が言ったんです。

ちょっと!肌キレイすぎて誰だかわかんなかったよ!!!

私がなんのことか全然わからないでいると、興奮したその子は言います。

スキンケア変えた?まさかこれすっぴん?信じられない!別人みたい

友達は手のひらで私の頬に触れました。そして、すべすべだよ〜!と言ったのです。
そういえば私、ここ一ヶ月の間、自分の肌を触ってすらいなかったことを思い出し、反射的に自分の顔を触ってみると・・・!
すべすべな皮膚がそこにあったのです。
鏡なんて持っていなかったのでスマホをインカメラにして自分の顔を見てみると、そこには汚い肌ではなく何年ぶりかの綺麗な肌をもつ私の顔がありました。

私の汚い肌の原因は、スキンケア用品や化粧品の使いすぎだったようです。良かれと思ってやっていたのに全部ダメだったなんてショックですが、全部捨てたことでキレイな肌が手に入ったので万々歳でした。
今はだいぶ落ち着いたので、スキンケアを再開し、メイクも楽しんでいます。

美容のプロが伝授する汚い肌を脱却するためのワンポイントアドバイス

お米を食べましょう

私の話なのですが、一人暮らしの学生の頃に化粧品の買いすぎでお金が底を尽きたことがあります。
バイト先の給料日までは一週間。生活も、大学とバイト先と家の往復の毎日だったので、かかる費用は食費くらい。この一週間を乗り越えればなんとかなると思い、実家からの仕送りに入っていたお米のみで生きていくことを決めました。
とりあえず毎朝お米を3号炊いておにぎりを作り、朝昼晩と間食全てをおにぎりのみの生活が始まりました。
でもおにぎりだけじゃなく、時間があるときはおじやを作ったり、おにぎりを焼いてみたり・・・。
おかずを買うお金がなかったので一週間お米だけをひたすら食べていました。
そして何が言いたいかと言いますとね、汚い肌がなんとキレイになったんですよ。
それまで私はお米よりパン派で、外食やコンビニ弁当が大好きだったんですけど、「お米を食べるとキレイな肌になる」ということに気づいてからは自炊をするようになりました。
本当にびっくりするくらい白くてはりつやのある肌になりますよ。
でも、お米だけでなく野菜やお肉も一緒に食べましょうね。

まとめ

汚い肌がコンプレックスでこっそり隠して生きてきたけどもう限界、なんて思っているそこのあなた。
もうその生活やめませんか?
まずは生活習慣を整えながら、日頃のスキンケアを見直すところから初めてみましょう。
あなたのコンプレックスを一つ減らすたびに、自信がつき、人生は大きく変わっていきます。

もし恋をして、好きな人ができたとしたら、その人にはすっぴんも好きになってほしいですよね。
その気持ちが一歩を踏み出す理由になると思います。
未来のあなたが笑って生きていけるように、今のあなたにできることがありますよ!

まずは生活習慣を整えながら、日頃のスキンケアを見直すところから初めてみましょう。
あなたのコンプレックスを一つ減らすたびに自信が付き、人生は大きく変わっていくはずです。

※この記事を執筆するにあたって以下のサイトを参考にさせていただきました。
肌らぶ
IMAIMA
注目の記事
同じカテゴリーの記事