可愛く生まれ変わる BONiTA

可愛く生まれ変わるための女性の特効薬
BONiTA(ボニータ)

  • instagramアイコン
  • twitterアイコン
  • facebookアイコン
  • google+アイコン

2017.02.01|美容

【要注意】胸ニキビは顔よりも跡になりやすい!?

田村 香織

胸のニキビで悩まない女性

実は体にもできるニキビ。
中でもできてしまうと気になるのがデコルテラインから胸にかけて発生する『胸ニキビ』ではありませんか?
汗をかきやすい夏はもちろん、服の中が蒸れやすい冬だって注意が必要な胸ニキビの原因や予防方法、改善方法を紹介していきたいと思います。

胸ニキビとは

鎖骨部分や胸の谷間などにできるニキビのことを「胸ニキビ」と言います。
胸元まで開いた服や水着など露出の高いおしゃれをするときに、見える胸元が汚かったら男子はがっかりですよ!

胸ニキビが悪化するとどうなるの?

胸は、顔と比べて皮膚が薄く明るい色をしていますので色素沈着しやすく、悪化するとニキビ跡になって残り易い部分です。
さらに下着などで覆われている部分は擦れやすく、その刺激で色素沈着が起こることも少なくはありません。

胸ニキビが発生する原因

①汗を放置する

汗をかいて拭かないまま放置してしまうと毛穴が詰まったり、ニキビの原因になる菌が増えてしまいます。
特に谷間や下着の内側などはムレやすくニキビの発生し易い場所なので運動後など汗をかいた後はしっかり拭くようにしましょう。

②身につける下着や衣服が不衛生

汗や皮脂で汚れた同じ下着を何日も洗わずに使用していると、長時間汚れが肌に押し付けられることによりニキビが棲み易い温床になってしまいます。
また、清潔な下着でもサイズが小さかったりするとムレてしまい、これも胸ニキビの原因になってしまうのです。

③ボディーソープやシャンプーなどの洗い残し

シャワーを浴びるときに流しきれなかったシャンプーや石鹸が肌に付着して汚れになったり、毛穴に詰まったりして胸ニキビになる可能性があります。
シャワーを浴びた後タオルで拭くときにゴシゴシ擦るのも肌へ負担になってしまうので避けましょう。

胸ニキビを治す方法

主に皮脂や汚れが毛穴に入ってしまうことで発生する胸ニキビですが、
露出の増える夏までには改善したいですよね。

正しい胸ニキビを治す方法

①胸が不衛生にならないようにする

パジャマやタオルなど毎日使うものは数枚揃えて毎日取り替えるなどしたり、寝具のシーツなども2〜3日に一回取り替えるなど常に清潔でいられるようにしましょう。
不衛生は胸ニキビ繁殖の原因になりますよ?

②衣類から胸への刺激を防ぐ

胸の肌に直接触れる部分の下着は「素材・締め付け」にこだわりましょう。ナイロンなどの化繊は通気性が悪いですがシルクや綿のゆとりのある下着などを選べば締め付けずムレにくいのでオススメですよ。
ムレは胸ニキビを増やす原因になるので衣類は慎重に選んでくださいね。

③胸を綺麗に洗って保湿をする

ボディソープを泡だてて優しく胸を洗ってください。すすぎもしっかり行い、風呂上りには顔用のもので構いませんので保湿化粧水や乳液などでしっかりと保湿をしましょう。
肌は乾燥すると余計な皮脂を分泌して胸ニキビができたり、ごわついたりしてとても扱いにくくなってしまうので、胸に保湿は必要ですよ。

胸ニキビの保湿をするのにオススメなのがニキビ専用のオールインワンジェル「メルライン」です。 メルラインは「顎ニキビ専用」として販売されていますが、実は全身に使用できるんです!

間違った胸ニキビを治す方法

①ガリガリ引っかいて潰す

これはやりがちですが、でもこんなことしてしまうとニキビ跡の原因になります。
女子たるもの他がどうだって胸元くらいは美しくありたいものですよね。
くれぐれもニキビ跡が残らないように刺激を与えず優しくケアしていきましょう。

胸ニキビの対策方法

胸のできものにはアクネ菌が原因のニキビと、マラセチア菌が原因のマラセチア毛包炎があります。見た目はニキビのようなのですが原因となる菌が異なっていて、治療法もやや変わってきます。

アクネ菌が原因の場合

アクネ菌が原因のニキビの予防方法
  • 肌を清潔に保つ
  • 汗をこまめに拭く
  • 風通しのよい下着をつける

アクネ菌が原因のニキビには、できるだけ胸部分の肌に刺激がかからないような生活をしましょう。
トイレに行くたびに胸元を拭うなどクセがついてしまえば難しくありませんよ。

アクネ菌が原因の胸ニキビにオススメの化粧品

クレイローション(ビーグレン)
胸ニキビに効く化粧品

肌にやさしい化粧水。自然由来の成分として用いられてきたグリチルリチン酸ジカリウムが肌荒れを防ぎ、天然クレイのモンモリロナイトがうるおいのヴェールを作り、外部の刺激から肌を守ります。とろみ感のあるテクスチャーは、まろやかに肌に馴染みます。

クレイローションはビタミンCと保湿成分が肌の奥まで浸透して肌の奥からニキビをケアしてくれる化粧水です。
顔にも使えますので胸ニキビと一緒にお顔をスキンケアするといいですね!

マラセチア菌が原因の場合

マラセチア菌はカビの一種で私たちの体にいつも棲んでいる常在菌です。体の免疫力の低下や皮脂や汗などの汚れで炎症し「マラセチア毛包炎」を引き起こします。
対策方法は皮膚を清潔にしておけば良いのでニキビのものとそんなに変わりませんが、マラセチア毛包炎はニキビとは異なるブツブツなので発症してしまった場合に胸ニキビ用の薬やケア用品を使っても症状は改善されません。

マラセチア菌毛包炎にオススメの化粧品

マラセチア菌に有効な化粧品は市販のものの中にはないと思ってください。
お医者さんでもらえる薬が効きますので、医療機関を受診すれば間違いありませんよ。

美容のプロが伝授する!胸ニキビ対策のワンポイントアドアバイス

冬こそ注意が必要

ニキビというと夏にできるイメージですよね。でも実は、冬もニキビができる原因がバッチリ揃っている季節なのです。

冬の胸ニキビの原因

  • 乾燥
  • 重ね着による蒸れ
  • 気温

以上が冬に胸ニキビができる代表的な3つです。急にガクッと気温が下がる冬の気温に肌がついてこれなかったり、乾燥でターンオーバーが乱れがちになるのでニキビができやすいんですね。
さらに下着を何枚も着込むなどすると服の内側は蒸れて汗をかきますが、意外と私たちはそれに気が付けません。夏だったらこまめに拭き取るんですけどね・・・。こんなふうに汚れを放置してしまうわけです。

冬の胸ニキビはスキンケアで対策しよう

冬の胸ニキビ対策に必要なものはなんと言っても清潔にすることと保湿です。
体を拭くバスタオルも、使い回さず毎回洗ったものを使用することをおすすめします。

まとめ

自信を持って水着になったり薄着になったりできるように、今のうちに胸のニキビを撃退してしまいましょう!

※この記事を執筆するにあたって以下のサイトを参考にさせていただきました。
ニキビ研究所
肌らぶ

注目の記事
同じカテゴリーの記事