可愛く生まれ変わる BONiTA

可愛く生まれ変わるための女性の特効薬
BONiTA(ボニータ)

  • instagramアイコン
  • twitterアイコン
  • facebookアイコン
  • google+アイコン

2017.02.04|美容

【女性必見】ワキ毛の処理方法で人生が変わる!?

田村 香織

ワキ毛を処理した女性

オンナの敵・・・それはワキ毛!

ワキ毛なんて人に見せるものではないし、今日見せる予定もないし、手抜きしちゃえーいなんて思っているあなた。だけども、そんな時に限って勝負の夜はやってきます。

いざ決戦!という時になって
「ぬ、脱げない」
ワキ毛で人生が変わる瞬間です。

そう。せっかくのチャンスを無駄にしないためにもワキ毛の処理は大切なんです。
髪やメイクやファッションを完璧にしてるのに、ワキが汚かったらプラマイゼロになってしまいますよ!
そうならないためにもしっかりとしたワキ毛の処理方法を勉強してくださいね。

ワキ毛だけじゃなく、全身の体毛を薄くする方法はまた別にあるので注意してくださいね。

ワキ毛処理方法をマスターしよう

ワキ毛の処理というと、どんなものを思い浮かべますか?
自宅でできるものからエステや医療機関で行うものなど、最近では様々な方法がありますよね。

しかし様々な方法があるからこそ、正しいワキ毛処理の方法を理解しないと痛い目を見るかもしれませんよ?

よくやりがちな間違ったワキ毛の処理方法

色々あるワキ毛の処理の方法ですが、以下のような間違ったやり方でやってしまうと、色々なトラブルが起きる危険性があります。

①毛抜きで毛を抜く

これは、やったことがある人が多いのではないでしょうか?
緊急に毛をなくさなければならなくなった場合などにしてしまいがちですよね。
時間と忍耐力はかかりますが、全部抜ききった後にはすぐにワキ毛のないワキを晒すことができる方法なので即効性はあります。

しかしそれ以上にデメリットも多いので、両方を把握した上で実行するようにしてください。

メリット
  • 即効性がある
  • 自宅で人の目を気にせずに処理できる
  • 毛抜きがあればできるので安価
デメリット
  • 埋没毛ができる
  • 皮膚に雑菌が入る
  • ワキのニオイがきつくなる
  • 色素沈着が起きワキが黒くなる

②カミソリで剃る

カミソリを使ってワキ毛を処理することは、一番ポピュラーな方法だと思います。

しかしみなさんこれが間違ったワキ毛の処理だって知っていますよね?
それでもカミソリで処理してしまうのは、
簡単だからだよ!!!
と叫んでしまいたくなる気持ちもわかりますが、デメリットを知るときっと手間をかけてもしっかり処理しようという気持ちになりますよ?

メリット
  • 時間をかけずに簡単に処理できる
  • 即効性がある
デメリット
  • 肌へのダメージが大きい
  • 埋没毛ができる
  • 毛穴が大きくなり、目立つようになる

自宅でできる正しいワキ毛の処理方法

ワキ毛の処理を行う女性

抜く・剃る、は、女性のワキ毛処理方法の1位と2位を争うほどの人気選手だったはずなのですが、なんとダメな方法だったんですよ。「ホントはよくないんだろうな〜」と思いながらなかなかやめられないのは、手軽で簡単だからですよね…。

「じゃあこれからはどうやってワキ毛を処理すればいいのよ!

今までのがダメというなら代替案を教えてちょーだい!」

というあなたに正しいワキ毛の処理方法を教えてあげましょう。

①電動シェーバーで処理

電動シェーバーって、男の人が髭剃るときに使うやつじゃないの!って思う方もいると思いますが、最近では女子のお肌のムダ毛たちをキレイにしてくれる女性用電動シェーバーが数多く存在しているのですよ!

メリット
1.カミソリよりも肌に優しい

カミソリで毛を剃ると、毛と一緒に肌の角質までこそげ落としてしまうのですが、電動シェーバーは、刃を直接肌に触れさせることなく毛を剃ることができるため、肌に余計な傷をつけることなく毛の処理ができます。

2.意外と安価で購入できる

電動シェーバーを使うことは、普通のカミソリよりは高価ですが、サロンや医療機関に通ってワキ毛処理をするよりもずっと低価格でやりやすい方法です。
いつも使っているカミソリの刃も一ヶ月に一度は取り替えたほうがいいことを考えると、一度買ってしまえばそのままながーく使用できる電動シェーバーは、かなりコストがいいと言えます。

3.体全体に使用できる

ワキ毛だけでなく、電動シェーバー一つで身体中のありとあらゆる箇所のムダ毛を処理することができます。シェーバーによっては、ヘッドの刃を変えられるものもありますので、顔まわりの産毛を剃ることができるものもありますよ。

デメリット
1.一度に同じ箇所を何回もシェービングすると傷つく可能性がある

いくら肌に優しいからといって、同じ場所を何回もシェービングしてしまうとさすがに肌は疲れてしまいます。そうなるとカミソリで処理することと変わらず、乾燥肌になってしまうことがあります。特にワキはデリケートなので、ワキ毛を剃った後はしっかりと保湿ケアをすることが大切です。

2.深剃りができないので、毛質によっては不満足な仕上がりになる

カミソリでの処理に慣れてしまっていて、毛が濃かったり太かったりする人にとっては物足りないかもしれません。特にワキ毛は太いので、チクチクが気になってしまうかもしれません。
というのも電動シェーバーは刃が直接肌に当たらないように作られているので、深剃りできないんです…。これはいいとこと悪いとこは紙一重というヤツですね。

3.電動シェーバー本体のお手入れが大変である

普通のカミソリだったらお水でジャーっとやれば済むお手入れですが、電動シェーバーの中には除毛した毛が入るので、小まめなお手入れが必要になります。ちょっとめんどくさいです。

また、電動シェーバーといえど毛を剃っているのには変わりないので、ワキ毛処理後の保湿ケアは必須です。毛の成長を抑制する効果のあるミルクやクリームなどを使用する方法もいいと思います。

②ブラジリアンワックスを使って処理する

最近知名度が上がってきたブラジリアンワックス。エステやサロンでやるイメージが強いですが、実はおうちでもできちゃうんですよ。ワックスを塗り、一定時間待ってから一気に剥がすという少々怖いイメージのブラジリアンワックスですが、一瞬でキレイに抜くことができるのでワキ毛の処理にはもってこいの方法です。

メリット
1.スピーディーにワキ毛の処理をすることができる

毛にワックスを塗って一気に剥がすだけでキレイに毛が抜けるので、広い範囲の毛を短時間で処理することができる方法です。すぐにツルツルにしないと困る!という時にはもってこいですね!

2.ワキ毛の仕上がりがキレイ

ワキ毛の毛根から一気に毛を引き抜くので、カミソリや電動シェーバーで処理するよりも、ブラジリアンワックスで除毛する方がキレイに仕上がります。
剃り残しの黒いブツブツともおさらばできますよ!

3.何回もお手入れしなくていい方法である

個人の毛が生えてくる周期で若干異なりますが、カミソリで処理する方法よりも長い期間、ワキ毛のないツルツルのワキを維持することができます。

デメリット
1.お肌への負担が大きい

毛抜きでの処理と同様、埋没毛や皮膚の炎症が起こってしまうこともあります。また、ワックスを剥がすのと同時に皮膚の角質も一緒に剥がしてしまうことも肌荒れの原因になってしまいます。
ブラジリアンワックスでワキ毛を除毛した後のケアをしっかりすることで、なめらかなワキは出来上がるのです。

2.慣れないと難しい

何事も初めてのことは難しいです。私のオススメは、自分でやる前に一度ブラジリアンワックスのサロンに行って流れを学ぶ方法です。「こんな感じか〜」がわかるだけでだいぶ変わってくると思いますよ。

3.処理自体が痛い

そりゃ痛いですよね!毛を一気に抜くんですもの!
でも考えてみてください。ワキ毛を毛抜きでチクチク一本一本抜く方法と、ワックスでバリッと一発で抜いちゃう方法、どっちがいいですか?処理の痛みは一瞬ですし、何回か回数を重ねてくると、痛みが気にならなくなるという人もいるそうですよ。

③家庭用脱毛器で処理する

現在市販されている家庭用脱毛器は、光で毛を脱毛する本格的なものもありますよね。これをフラッシュ脱毛と言います。普通サロンに通って施述してもらうフラッシュ脱毛の方法がおうちでもできるなんて、なんて近未来なの・・・。
光をあてるだけなので、ワキ毛の処理も簡単です。うっとりしちゃいますね。

メリット
1.おうちでエステの除毛が気軽にできる

おうちでできる、というのが大きなポイントですよね。ワキ毛を処理するためだけにエステに行っている暇なんてない忙しい女子たちにオススメです。人にワキを見せるのが恥ずかしい、という人もこれなら一人で脱毛することができますよ。

2.予約や登録が不要

エステやサロンに行くと、予約しなくちゃいけなかったりととにかく面倒ですよね。
全て自分でワキ毛の処理をやってしまえば誰とも関わることなく、会話することもなく、誰にも知られずにこっそりツルピカになれちゃいますよ!

3.エステに通うよりもお金がかからない

エステで処理するよりも早くてリーズナブルに除毛できます。
結局、エステや医療機関で本格的にワキ毛を処理するとなると、高額なお金がかかってしまいます。その点家庭用脱毛器を購入した後は、どう使おうとあなたの自由なので、好きな時間に使うもよし、時間がないときはやらなくてもよし。私がよくやってしまう方法なのですが、エステの定額を先払いして、時間がなくて結局利用できなかった〜なんて超お金の無駄も心配ありません!

デメリット
1.箇所によって一人でするのは難しい

ワキ毛や腕の毛、脚の毛などは十分除毛することが可能ですが、背中やうなじなど、手の届きにくい場所や目視で確認できないところの毛を処理するのは難しいです。
ワキ毛以外を処理する場合は誰かに手伝ってもらったほうがいいですね。

2.エステなどの脱毛器に比べて光の出力が弱い

家庭用の光脱毛器は、エステで使用されている光脱毛器を自宅でも安全に使えるように設計されたものなので、安全を配慮して光の出力が低く設定されています。
出力が低いということですので、エステと比べるとワキ毛処理の効果が出るまでに時間がかかったり、あまり効果が感じられない方法と言えそうです。

3.肌トラブルが起こりやすい

光脱毛は、光の照射で毛根を破壊する除毛方法なので、当然お肌にも悪影響です。
特にワキは乾燥肌になってしまうことが多いようなので、ワキ毛処理後のアフターケアが必須となります。

外でできる正しいワキ毛の処理方法

①脱毛エステや医療機関で脱毛する

私は自己処理推進派ですが、脱毛について色々調べていくと逆に、「なんだかんだエステに任せたほうが楽なんじゃないだろうか」と思ってきてしまいました…。
実際に永久脱毛なら、一年くらい通えばほとんど毛は生えてこないようですし、ワキ毛ならびっくりするほどお金がかかるわけでもなさそうですよ。

メリット
1.プロのスタッフにワキ毛処理の全て任せることができる

エステに任せれば自分じゃ処理しにくい箇所もキレイにしてくれます。
ワキ毛は自分で見やすいところと、見にくいところがあるので、スタッフさんに任せれば自分で労力を使うことなく簡単に脱毛してもらえますよ。

2.サロンでアフターケアもしてくれる

脱毛の施術代に、脱毛後のアフタートリートメント代が入っているサロンがほとんどです。
ワキ毛の処理後の肌はとても敏感になっているので、何もしないとかなり汚くなってしまいます。キレイなワキを手に入れたいのであれば、多少時間はかかりますがエステサロンでの脱毛を考えてもいいかもしれませんよ。

3.気分転換になる

忙しい毎日を送っていると、一日一日をなんとなく過ごしてしまいがちですが、ワキ毛を処理するためにエステサロンへ行く方法を選択することで日々にメリハリができ、より良い日々が送れると思いますよ。

デメリット
1.お金がかかる

かかる費用はサロンや医療機関によってピンキリですが、ワキ毛でしたらキャンペーンなどを利用すればお得に処理できるところもありますよ。
ちなみにレーザーによる脱毛は医療機関でしか行えないので、脱毛の効果は高いのですがお値段も高めなところが多いです。

2.通わないとならない

エステサロンや医療機関ですと、ワキ毛を処理するために何回も通わなければなりません。
「毛の周期」に合わせて施術してくれるところがほとんどなので、「二ヶ月に一回」通うのが私としては面倒だなと感じてしまいます…。
通わないと効果も感じられないのですが、そんなに間隔が空いてしまうと「いつになったら脱毛が完了するの!?」って感じですよね。
ワキ毛を夏までに処理したいとなると、少なくとも半年前の冬から脱毛を始めなければならないわけなので、計画的に利用しましょう。

まとめ

プールでくつろぐワキ毛を処理した女性

ワキ毛処理の方法、いろいろありましたね。
どれを選ぶかはあなた次第ですが、私が言いたいのは
「毛抜きとカミソリだけはやめておいたほうがいいぞ」
ってことです。

今は大丈夫でも、ずっとそのやり方を続けていると、誰にも見せられないワキになっちゃいますよ。
普段は見えない場所ですが、きちんとお手入れしておけば、ここぞという時に慌てない、余裕のある女性になれること請け合いです!
これを機に、あなたのワキ毛の処理方法見直して見ませんか?

※この記事を執筆するにあたって以下のサイトを参考にさせていただきました。
エピカワ

注目の記事
同じカテゴリーの記事