可愛く生まれ変わる BONiTA

可愛く生まれ変わるための女性の特効薬
BONiTA(ボニータ)

  • instagramアイコン
  • twitterアイコン
  • facebookアイコン
  • google+アイコン

2017.03.23|美容

コーヒーを味方にすればニキビのない美肌が叶う!

田村 香織

ニキビを対策できるコーヒー

目覚めの一杯や食後の一杯、何気ない一杯…コーヒーは美味しい!

そしてついうっかり飲みすぎて目が冴えて眠れないなんて夜にもとりあえずコーヒーを一杯…。

おいおい。

いくら美味しくて習慣化していると言ってもそれではいけません。
最近、コーヒーとニキビの関係を懸念している人が大勢いるようですが、それはねえ〜私、あなたの飲み方が良くないんじゃないかと思うわけなんですよ。
だってコーヒーって実は美肌になる成分がたくさん入ってるんですよ?!

では、早速みていきましょう。

そもそもニキビの人はコーヒー飲んでも大丈夫なの?

大丈夫なのかを判断するために、ニキビにとってコーヒーを飲むメリットとデメリットを洗い出しますよ!

コーヒーを飲むメリット

◎老化やシミを防ぐ

コーヒーに含まれるポリフェノールには強い抗酸化作用があり、老化防止やシミを防ぐ働きをします。
ニキビの原因となる体内の活性酸素をこの抗酸化作用が抑えることで、悪化防止や色素沈着を防いで跡になるのを防いでくれるんです!

◎便秘を改善する

コーヒーは、コーヒーオリゴ糖というオリゴ糖の一種を含んでいます。オリゴ糖と同じく整腸作用に優れ、腸内の善玉菌を増やしてお腹の調子を整えてくれるので、便秘の改善が期待できます。便秘が原因でニキビができてしまっているという人はぜひ取り入れたいですね。

◎肌を強くする

コーヒーには、ビタミンB群の一種で皮膚や粘膜を健康的に維持してくれるナイアシンが含まれています。
ニキビを改善させるには強い皮膚を維持することが不可欠になってきますよ。

コーヒーを飲むデメリット

◎ビタミンやミネラルを流出させてしまう

コーヒーを飲むと頻繁におしっこに行きたくなりますよね。これはカフェインの影響です。
たくさん毒素が排出されているような気がしますが、実は体に必要なビタミンやミネラルも一緒に排出されてしまっているんです。

◎胃が荒れる可能性がある

カフェインには胃液を分泌させる作用があるので、それで胃が荒れてニキビができるなんてこともあるようです。

◎過剰な皮脂の分泌が起こる

特に市販の缶コーヒーやペットボトルのコーヒーには砂糖がたっぷり使われていますよね。

糖分はビタミンBを消費して皮脂を多く分泌するので、ニキビのできやすい肌の環境を作ってしまうんですよ。
そこにさらにクリームやミルクが入ってたら乳化剤などの添加物も含まれているということなのでさらにやばい飲み物というわけです。

◎寝不足になる

カフェインをとるとリラックスする時にでる副交感神経の代わりに交感神経が活発になり、目が覚めて体がシャキッとします。
それが日中なら問題ないのですが、本来副交感神経が優位であるはずの夜に交感神経が優位になってしまうと、目が冴えて眠れなくなってしまうので体内時計がおかしくなりますよね。
こうして人間の副交感神経は乱れていき、寝不足の肌にはニキビが出来やすくなるというわけなのです…。

まとめ

ということで、コーヒーにはデメリットを上回るメリットが数多くあるということがわかっていただけたでしょうか?!

このデメリットって、飲み方や時間さえ変えればクリアできちゃう問題じゃありませんか!?
では次は、ニキビ対策と美肌のためにどんな風にコーヒーを飲めばいいのか紹介していこうと思います!

ニキビの人がコーヒーを選ぶときの注意点

ブラックがおすすめ

コーヒーに砂糖や乳製品が入っているとやはりニキビの原因になりやすいです。

シンプルにブラックで飲むか、自分で淹れる場合はティースプーン一杯ほどのお砂糖を入れるとリラックスもできるので押す末ですよ。

ミルクが欲しいなら豆乳がオススメ!

市販されているいわゆるコーヒークリームには、トランス脂肪酸が含まれていて体によくありません。ミルクが欲しい場合は牛乳か豆乳を使用するのがオススメです。
特に豆乳にはホルモンバランスを整え、ニキビの原因である男性ホルモンを抑える働きがあるのでニキビ改善にも一役買ってくれることでしょう。

缶コーヒーに気をつけて

市販のものだと特に、ミルクや砂糖、添加物が入っているものが多いです。
ブラックと書かれた缶コーヒーだとしても、乳化剤や保存用の成分が入ってたりするので、原材料が「コーヒー豆」のみのものを選びましょう。

ニキビに効果的なコーヒーの飲み方

そして何よりも大切なのがコーヒーを飲むタイミングです!

飲むタイミングが重要

カフェインは摂取して30分後から効果が現れ、だいたい4〜6時間後に効果が半減、8〜12時間かけて体内から排出されます。

①目覚めの一杯は朝ごはんの後に

空腹の時にコーヒーを飲んでしまうと胃酸が分泌されて胃が荒れ、その後に食べたものの消化吸収がスムーズにできなくなります。
胃腸が荒れるとニキビや肌荒れの原因になりますし、カフェインは食後に摂れば食事の消化吸収を助けてくれる働きをしてくれますので、食後に飲みましょう!

②運動30分前のコーヒーで代謝を上げる

なんとコーヒーには新陳代謝をあげて脂肪燃焼を促進してくれる効果があります。

飲んでから30分後に効果が出始めるので、時間を計算してより効果的なコーヒーブレイクをとりましょう。
代謝が上がるとターンオーバーが正常化されてニキビが治る可能性も高くなりますよ。

③寝る時間の8時間前に最後のコーヒー

コーヒーのカフェインが体内から排出されきった直後に眠気がやってきたら嬉しいと思いませんか?
カフェインは摂取してから約8時間ほどで体外へ出ていくと言われていますので、夜12時に眠る人は夕方の4時過ぎてからのコーヒータイムは我慢するようにしましょう。

ですが眠りたい時間とカフェインを摂る時間を計算すれば、すぐ眠れてぐっすり快眠をコントロールすることだってできちゃいますよ。

まとめ

いかがでしたか?

コーヒーって、思っているより体にいい成分が多いと思いませんか?
ポイントは飲み方と飲むタイミングです。ここさえしっかり気をつければ、「美肌に危険な飲み物」から、「美肌に有効な飲み物」に早変わりして、あなたの毎日を快適にサポートしてくれること間違いなしですよ!

コーヒープラス化粧品でさらにニキビに負けない肌に

さらに効果的にニキビ改善に働きかけたい人は、コーヒーだけでなくスキンケアの化粧品もニキビ専用のものに変更してみるといいかもしれません。
メルラインは、ニキビ専用のオールインワンクリームです。
これ一つで化粧水や乳液としての役割もしっかりこなしてくれるので、すごく使いやすいですよ。

※この記事の執筆するにあたり以下のサイトを参考にさせていただきました。
ニキペディア
ニキビ♡Labo

注目の記事
同じカテゴリーの記事